映画 地獄の黙示録 解説

2020.12.11
映画 地獄の黙示録 解説

1 立花隆の映画評について立花隆「解読『地獄の黙示録』」によれば、この映画は手法が従来の映画とは... spa***** さん 2020年11月7日 15時16分; 役立ち度 0 はじめてこの映画を観たときの感想を思い出す。 ひとことでいうと、「なんだかわからないけど凄いものを観た」である。 この『地獄の黙示録』は、人間が次第に狂気に陥っていくさまを、コッポラの映像美で観客に見せつける。 マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、フレデリック・フォレスト、サム・ボトムズ、ローレンス・フィッシュバーン、アルバート・ホール、ハリソン・フォード、デニス・ホッパー, 【作品概要】 戦争映画「地獄の黙示録」のネタバレを結末まで。ベトナム戦争から故郷に戻ったアメリカ空挺部隊特殊任務班のウィラード大佐は生活に慣れてしまったため反対する妻と離婚して再び戻ってくる。カンボジアに潜入し現地人の軍隊を指揮し王国を築くカーツを始末しろと命じられる。 一般的な「黙示」「啓示」を英語では「Revelation」といいます。キリスト教における「黙示」は、ギリシャ語を語源とする「Apocalypse」が用いられることが多いです。 『聖書』に収められた黙示録を指す時は、「the Revelation book of the Bible」「the Revelation―the Apocalypse」などと併記すること … 映画「地獄の黙示録」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, 地獄の黙示録の紹介:1979年アメリカ映画。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、巨匠フランシス・フォード・コッポラが舞台をベトナム戦争時代に置き換えて映画化した巨編です。ベトナム戦争後期、米軍を脱走しカンボジアで王国を築き上げた大佐と、その抹殺指令を受けた大尉の狂気に満ちた体験を描きます。 映画『地獄の黙示録』ワルキューレの騎行とキルゴアの奇行,映画マニア凛太郎が、現在映画館で公開中の最新作からdvdなどの旧作まで、ジャンルを問わず解説して感想を書いたり、個人的な映画の見方や考察を紹介したりしています。 そのストーリーの難解さとリアリズム溢れる映像美によって、多くの方々を魅了し考察を生んでいる作品である本作。, このたび公開40周年を記念し、2001年に公開された「特別完全版」にコッポラ監督が新たに編集を施した『地獄の黙示録 ファイナルカット』が、リストア、さらにはIMAX規格によって蘇りました。ベトナム戦争の狂気を描いたその映像美と迫力はより素晴らしいものになっています。, 今回は映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』IMAX版について紹介させていただきます。. 1 立花隆の映画評について立花隆「解読『地獄の黙示録』」によれば、この映画は手法が従来の映画とは... spa***** さん 2020年11月7日 15時16分; 役立ち度 0 ここは地獄だ・・・地獄の恐怖だ! 映画史上に深い刻印を残した問題作『地獄の黙示録』。 主人公は地獄のような戦場で、常識世界の終わりを見るのです。 戦争映画の傑作【地獄の黙示録】が40年の時を経てファイナル・カット版で公開されました。 <感想> それでは早速、「地獄の黙示録」の感想について結論から述べていきたいと思います。 もの凄い迫力のある映画だと思いましたが、内容はよく分かりませんでした。特に映画の後半に関しては、何 … 映画「地獄の黙示録 ファイナル・カット」は2020年2月28日公開です。 自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか? もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐに こちら の記事を見て … 映画「地獄の黙示録」の解説本である。映画の解説本には それなりの限界があることが多い。解説される「映画」と解説する「解説者」との力関係を考えても 前者があってこそ 後者が成立するという点で 普通であるなら 「映画」の勝ちであろう。 ベトナム戦争の闇を壮大なスケールで描いた戦争大作『地獄の黙示録』。 製作40周年を記念して、コッポラ監督自ら、 1979年の劇場公開版より30分長く、全てを盛り込んだ2001年の特別完全版より 20分短いバージョンに再編集し、新たなデジタル修復を施した。 映画史上最高の戦闘シーン 「地獄の黙示録」の魅力の90%は、ヘリ部隊による空襲シーンです。 暁の空に浮かぶヘリの戦隊、高らかに鳴るワーグナー作曲「ワルキューレの騎行」、編集の切れ味、音楽と映像の最高の結びつきが見れます。 ジョセフ・コンラッドの『闇の奥』を基に、コッポラが私財をなげうってまで完成させた、ベトナム映画の集大成。 狂気と混乱を象徴 ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。 戦争映画「地獄の黙示録」のネタバレを結末まで。ベトナム戦争から故郷に戻ったアメリカ空挺部隊特殊任務班のウィラード大佐は生活に慣れてしまったため反対する妻と離婚して再び戻ってくる。カンボジアに潜入し現地人の軍隊を指揮し王国を築くカーツを始末しろと命じられる。 映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』は2020年2月公開の映画です。 1979年に発表された伝説的な戦争映画『地獄の黙示録』が40年の時を経て、監督・フランシス・フォード・コッポラの手によって最終版となり、ついに映画化されました! 「地獄の黙示録」の解説、あらすじ、評点、78件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 1960年代のベトナム戦争下のジャングルを舞台に1人のアメリカ軍将校暗殺を命じられた大尉が4人の部下と共に目撃する戦争の狂気を描く。 EXOFIELD搭載ワイヤレスシアターシステム「XP-EXT1」で、気になる映画作品を体験する【ダイブ・イントゥ・ザ・ムービー】がスタート。今回はAV評論家の小原由夫氏がDolbyAtmos作品である「地獄の黙示録」をXP-EXT1で体験。戦争映画の迫力に迫ります。 『地獄の黙示録』(じごくのもくしろく、原題:Apocalypse Now )は、1979年公開のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。 映画「地獄の黙示録」の解説本である。映画の解説本には それなりの限界があることが多い。解説される「映画」と解説する「解説者」との力関係を考えても 前者があってこそ 後者が成立するという点で 普通であるなら 「映画」の勝ちであろう。 「地獄の黙示録」の解説 1979年に巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が製作した戦争映画の超大作。 1960年代のベトナム戦争下のジャングルを舞台に1人のアメリカ軍将校暗殺を命じられた大尉が、4人の部下と共に目撃する戦争の狂気を描く。 『地獄の黙示録』(じごくのもくしろく、原題:Apocalypse Now )は、1979年公開のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作に、物語の舞台をベトナム戦争に移して翻案した叙事詩的映画(エピックフィルム)。 映画「地獄の黙示録・特別完全版 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。地獄の黙示録・特別完全版 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 映画「地獄の黙示録 ファイナル・カット」は2020年2月28日公開です。 自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか? もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐに こちら の記事を見て … 解説. 地獄の黙示録っていったい何が言いたいんでしょうか?何回も見てますが、何を伝えようとしてるのかいまいち解りません。何が言いたいのかわからないのはそもそもあの映画が正に「黙示録」だから。黙示とは黙して示す、つまり、「暗示」し コッポラ監督の代表作『地獄の黙示録』。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、60年代のベトナムに舞台を置き換えて映画化した戦争映画の名作。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。 <感想> それでは早速、「地獄の黙示録」の感想について結論から述べていきたいと思います。 もの凄い迫力のある映画だと思いましたが、内容はよく分かりませんでした。特に映画の後半に関しては、何 … コッポラ監督の代表作『地獄の黙示録』。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、60年代のベトナムに舞台を置き換えて映画化した戦争映画の名作。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。 映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』は2020年2月公開の映画です。 1979年に発表された伝説的な戦争映画『地獄の黙示録』が40年の時を経て、監督・フランシス・フォード・コッポラの手によって最終版となり、ついに映画化されました! 【キャスト】 ここは地獄だ・・・地獄の恐怖だ! 映画史上に深い刻印を残した問題作『地獄の黙示録』。 主人公は地獄のような戦場で、常識世界の終わりを見るのです。 戦争映画の傑作【地獄の黙示録】が40年の時を経てファイナル・カット版で公開されました。 ジョセフ・コンラッドの『闇の奥』を基に、コッポラが私財をなげうってまで完成させた、ベトナム映画の集大成。 狂気と混乱を象徴 ジャングル奥地に自分の王国を築いた、カーツ大佐の暗殺を命じられるウィラード大尉。 コッポラ監督の代表作『地獄の黙示録』。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、60年代のベトナムに舞台を置き換えて映画化した戦争映画の名作。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。 『地獄の黙示録』ファイナルカット imax版の感想と考察記事です。劇中で役者の手がクローズアップされている理由を考察しています。物語として川上りがもつ意味をスタンリー・キューブリック監督の『恐怖と欲望』との対比で解説しています。 EXOFIELD搭載ワイヤレスシアターシステム「XP-EXT1」で、気になる映画作品を体験する【ダイブ・イントゥ・ザ・ムービー】がスタート。今回はAV評論家の小原由夫氏がDolbyAtmos作品である「地獄の黙示録」をXP-EXT1で体験。戦争映画の迫力に迫ります。 解説. しかし、それでもやはり、新作だ旧作だの域を越えて、これは映画館で見ておくべき! と絶対的にお勧めしたい作品もままあります。 ヴェトナム戦争を題材にしたフランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』(79)もその中の1本です。 コッポラ監督の代表作『地獄の黙示録』。ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を、60年代のベトナムに舞台を置き換えて映画化した戦争映画の名作。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した。 解説. 映画「地獄の黙示録」の解説本である。映画の解説本には それなりの限界があることが多い。解説される「映画」と解説する「解説者」との力関係を考えても 前者があってこそ 後者が成立するという点で 普通であるなら 「映画」の勝ちであろう。 映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』imax版は2020年2月28日から全国ロードショー フランシス・フォード・コッポラの名作映画『地獄の黙示録』。 そのストーリーの難解さとリアリズム溢れる映像美によって、多くの方々を魅了し考察を生んでいる作品である本作。 映画「地獄の黙示録・特別完全版 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。地獄の黙示録・特別完全版 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 映画「地獄の黙示録」の解説本である。映画の解説本には それなりの限界があることが多い。解説される「映画」と解説する「解説者」との力関係を考えても 前者があってこそ 後者が成立するという点で 普通であるなら 「映画」の勝ちであろう。 フランシス・フォード・コッポラ監督によるベトナム戦争を描いた映画『地獄の黙示録』。前半の残虐的な戦争シーンと打って変わって後半は、王国の物語になっていきます。前半と後半のテイストの違いをここでは分析して見たいと思います。 ベトナム戦争の闇を壮大なスケールで描いた戦争大作『地獄の黙示録』。 製作40周年を記念して、コッポラ監督自ら、 1979年の劇場公開版より30分長く、全てを盛り込んだ2001年の特別完全版より 20分短いバージョンに再編集し、新たなデジタル修復を施した。 立花 隆『解読「地獄の黙示録」』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 解説. しかし、それでもやはり、新作だ旧作だの域を越えて、これは映画館で見ておくべき! と絶対的にお勧めしたい作品もままあります。 ヴェトナム戦争を題材にしたフランシス・フォード・コッポラ監督の『地獄の黙示録』(79)もその中の1本です。 「ゴッド・ファーザー」シリーズのフランシス・フォード・コッポラ監督が1979年に発表し、カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したほか、膨大な製作費や過酷な撮影環境、CGなしの壮大なスケールの映像など、数々の伝説を残した戦争映画の傑作『地獄の黙示録』を、コッポラ監督自身が望むかたちに再編集した最終版。, 1979年のオリジナル版より30分長く、2001年に発表された特別完全版より20分短いバージョンであり、IMAX上映に向けて新たにデジタル修復も施された。, 脚本はジョン・ミリアスとフランシス・フォード・コッポラの共同制作。撮影はビットリオ・ストラーロ、美術はディーン・タボウラリス、編集はリチャード・マークスが務め、音楽はカーマイン・コッポラとフランシス・フォード・コッポラが務める。, ベトナム戦争末期、アメリカに一時帰国をしていたアメリカ陸軍空挺将校のベンジャミン・L・ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、妻と離婚し、再びベトナムへと戻ってきています。, サイゴンのホテルで指令を待っていたウィラードは情報司令部から呼び出されます。司令部に行くと司令部のコーマン将軍(G・D・スプラドリン)と副官のルーカス大佐から任務を受けます。, その任務は、元グリーンベレー隊長のウォルター・E・カーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺指令でした。カーツはかつては優秀な軍人でしたが、ダブルスパイをしていたベトナム人4名を殺害した罪に問われ、軍部の命令を無視した挙句にカンボジアのジャングルに逃げ込み、そこで王国を築き、現地人から神として崇められていると聞かされます。, ウィラードは正気を失ったカーツを暗殺するために、海軍の河川哨戒艇でヌン川を上り、カーツの王国へ向かうよう命じられます。, ウィラードは作戦の目的を告げることなく、哨戒艇のメンバーであるジョージ・“チーフ”・フィリップス(アルバート・ホール)、元プロサーファーのランス・B・ジョンソン(サム・ボトムズ)、ソース作りの修業をしていたジェイ・“シェフ”・ニックス(フレデリック・フォレスト)、若兵のタイロン・“クリーン”・ミラー(ローレンス・フィッシュバーン)の四人とともにカンボジア国境付近へと向かいます。, 危険地帯を通過するため、ウィラード一行は“空の騎兵隊”と呼ばれているビル・キルゴア中佐(ロバート・デュバル)に護衛を頼みます。サーフィン好きであるキルゴアは一行の中にランスがいること、ヌン川の下流には良い波があることを知り、依頼を受けます。, そして、サーフィンをするためベトコンの基地を襲撃します。大量のミサイルと銃弾、ナパームによる空爆で一方的な虐殺を行い、その狂気を目の当たりにしたランスとウィラードはキルゴアのサーフボードを盗んで逃げます。, 一行はキルゴアに追跡されつつも、隠れながら川を上流していきます。途中、米軍の関所に燃料を補給する為立ち寄ると、今夜ショーがあるから見ないかと誘われます。そのショーではプレイボーイによる慰安活動が行われます。, ショーに興奮した軍人たちが暴れて舞台に上がり、収集がつかなくなる前にショーは中断されます。, その後、一行は再び川を上流していくとベトナム人の船を発見します。ウィラードは放っておけと言いますが、仕事に忠実なチーフは停船検査を始めます。検査中、ベトナム人女性が壺を隠そうと抵抗したことに危険を感じたクリーンは船に乗っていたベトナム人全員を撃ち殺します。, その壺に入っていたものは子犬でした。チーフは虫の息のベトナム人女性を手当てするために船に乗せようとしますが、その偽善に嫌気が差していたウィラードは女性を撃ち殺します。, 川を進んでいくと、ド・ラン橋の米軍関所にたどり着きます。そこで再び燃料を補給するためウィラードとランスは立ち寄ります。しかし、そこでは指揮官不在の米軍兵士とベトコンとの戦闘が繰り広げられていました。一行はなんとか補給を済ませて先へ進みます。, しかし、ド・ラン橋を超えた先で敵襲に遭います。そこで母からのテープレターを聞いていたクリーンは銃で撃たれ死んでしまいます。四人はクリーンの死を嘆きながらも先へ進みます。, 濃い霧の中、先へ進むとフレンチ・プランテーションを営んでいるユベール・ド・マレ(クリスチャン・マルカン)に出会います。彼らはそこで農園を営んでいてベトコンから家族と土地を守って戦っていました。一行はクリーンの埋葬をしてもらい、ユベール一家と一夜を共にします。, 第一次インドシナ戦争を経験しているユベールは「私たちは負け続けてきた。だからここでは勝つ。私たちは農園を守るために戦っているのにアメリカは何のために戦っているんだ。」と言い、ベトナム戦争の原因はアメリカにあるとウィラードを責めます。, 農園を離れ、先を進むとカーツのいる王国が目前で原住民の襲撃に遭い、投げられた槍がチーフに当たります。チーフはウィラードを睨みつけながら息を引き取ります。, ここまできたら進むしかないとシェフが船を運転します。そして、遂に三人はカーツのいる王国へと辿り着きます。王国ではアメリカ人報道写真家(デニス・ホッパー)が出迎えてくれました。, 写真家が言うには、カーツ大佐は仲間を引き連れてジャングルの奥地へ入っていったということでした。ここまできて帰るわけにいかないウィラードはカーツが王国に帰ってくるまで待つことを決めます。, 一旦船に戻ったウィラードはシェフに「22時までに戻らなければ爆撃を要請してくれ」と頼み、王国内で待ちます。そして王国内で待っているとカーツが戻ってきて襲撃されます。カーツはウィラードが暗殺するために来たことを見抜いており、ウィラードを拘束します。, ウィラードが目覚めるとカーツはシェフの生首をウィラードの足の上におき、ウィラードは叫びます。カーツはその後ウィラードの拘束を解きます。自由になったウィラードはカーツを殺そうとしますが、行動するに至りませんでした。, カーツはウィラードに自分自身が目の当たりにした地獄を語り、「地獄を知らないものに私を殺す資格はない」と告げ、息子に真実を全て伝えて欲しいと頼みます。そして「必要な軍事行動は果断に、無慈悲に、怯むことなくやりとげなければならない」と告げます。, ウィラードはカーツが裏切り者ではなく、誇り高い軍人としての死を望んでいることを悟り、カーツ暗殺を決意します。そして原住民の儀式の日にウィラードはカーツを暗殺します。カーツは抵抗なく受け入れました。, そしてウィラードはカーツの手記を持ち、ランスと共に船に乗り川を下ります。軍からの連絡が無線に入りますが応答することなく進んでいきます。, 映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』はデジタルIMAX規格に編集され、巨大なスクリーンに映されることでベトナム戦争の狂気を観客に体感させる作品となっています。, そしてフランシス・フォード・コッポラの代表作『地獄の黙示録』はストーリーの難解さとその撮影規模の大きさゆえに、公開当時から現在にかけてまで様々な物議を生んでいます。, 映画『地獄の黙示録』の脚本に影響をうけている文学作品としてコンラッドの『闇の奥』、T・S・エリオットの『荒地』『うつろな人々』、聖杯伝説、フレイザーの『金枝篇』などが挙げられます。, 『風とライオン』『ビッグウェンズデー』のジョン・ミリアスが初めに脚本を書き、その後コッポラ自身が撮影と並行してアドリブで次々と書き換えていきます。その為元々の脚本とは大きくかけ離れており、それゆえに莫大な製作費と時間が費やされることとなります。, 撮影が延びていく中で台風が直撃し、セットが壊れたり、予算が底を尽きてしまいエキストラが集まらなかったり、さらにはカーツ大佐役のマーロン・ブランドが太っていた挙句に原作である『闇の奥』も読んでいなかったなど様々な問題が起こります。, コッポラはその想定外に振り回されるたびに脚本のリライトを繰り返し、拷問のような自己葛藤に苦しんだ末ある種の出口を見つけます。それは「良い映画監督はアドリブで現場に合わせて良い画を撮る。」「ベトナム戦争そのものが矛盾であるため、脚本に矛盾がつきまとうことは当たり前。」ということです。, その気付きにより、台風によって破壊されたセットを“嵐で不時着し、動きが取れなくなった”という設定に変更し、エンディングにおける本物の山岳民族であるイフガオ族の祭りと本物の水牛を儀式的に屠る場面など、偶然的に撮られたシーンを使うことで、“王殺しによる王位継承”を上手く編集し、繋げることで描いています。, 特にウィラードがカーツを殺すことを決意して原始的な沼から頭を出すシーンは、思いつきからたった三時間で作られたシーンだそうです。, フランシス・フォード・コッポラの配偶者であるエレノア・コッポラ夫人は『地獄の黙示録 撮影全記録』で次のように語っています。, 「成功せねば全財産を失うというプレッシャーからウィラード大尉だったフランシスが、いつの間にかカーツ大佐になっていた。」, この言葉から映画『地獄の黙示録』の撮影現場も地獄絵図となっていたことが想像できます。, その苦難と葛藤からコッポラが考え抜いた本作はストーリーの難解さも見どころの一つにあります。, 本作のウィラードが書類上のカーツを探す旅は“自己を探究する道程”のメタファーになっています。つまり地理的にカーツに近づくにつれ、様々な地獄の情景を目の当たりにしたウィラードがカーツに同化していき最終的に“父殺し”として乗り越える旅でもあります。, コッポラがこの映画の主題として置いたことは“人間社会、あるいは人間の欺瞞を暴くこと”にあります。, 見境なく村人を虐殺した挙句に治療する、ハラワタが出るまで戦ったから水をやるといって水筒を差し出す、機関銃を浴びせた女性を手当てするといった様々な偽善がウィラードの前で行われます。それを目の当たりにしたウィラードは偽善に対して嫌気がさし、脱走したカーツに共感し始めます。, それを象徴する台詞として作品の中で「なぜキルゴアがやっていることは許されて、カーツがやっていることは許されないのか」という台詞があります。, 現実では1970年に「カンボジア侵攻作戦」が起き、アメリカがカンボジア領に攻撃を始めます。つまりカーツが行ったことと同じことを現実にアメリカ軍はしているのです。, その侵攻作戦には大義名分などなく、ただ作戦上必要だから行われたのですが、それはカーツの論理である“必要な軍事行動は果断に、無慈悲に、怯むことなくやりとげなければならない”ということと全く同じなのです。, カーツに共感していくなかでウィラードは、その偽善が剥ぎ取られた裸の戦争の論理そのものであるカーツを目の当たりにしたとき、カーツは共感できるものではなかったのです。, カーツ自身もまたニヒリズムと自己神格と原始的本能というもうひとつの偽善に塗り固められた存在だとウィラードは知ったのです。そして、子が父親を乗り越えるように王の持っていた論理(原始的本能)を乗り越え、道徳的判断によりウィラードはカーツを殺すことを決意します。, 最後はイフガオ族の儀式に使われる水牛がカーツのいる祭壇の階段を降りていき、儀式と同時にカーツと水牛が殺されます。, このようにして、コッポラはベトナム戦争だけではなく大義名分のない戦争やテロリズムに対する一つの解を提示したかったのかもしれません。, またこの映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』IMAX版では、最後に寺院爆破シーンがないものになっています。寺院爆破シーンは画として美しく素晴らしいものではありますが、コッポラ自身が寺院爆破シーンは原住民の殺戮を意味している場面であり、描きたかった主題とは違うものになっていると言っています。, 本作は映像がとても綺麗に修復されていて、迫力ある音響と合わせることで、ベトナム戦争の地獄を観客に体感させる映画となっていました。確かに上映時間が長く、難解ではありますが、大きなスクリーンで見るべき作品でしょう。, 映画『地獄の黙示録 ファイナルカット』IMAX版はコッポラのセンスある編集とリアリズムあふれる映像美、そして緊張感溢れる映画体験を与えてくれる作品となっています。, そして『地獄の黙示録』という映画は、この記事だけでは語り切れないほどの素晴らしい重層構造や演出、編集、テーマがあります。本作を鑑賞することで色々と考察してみても面白いでしょう。, Tags : アメリカ映画 / KADOKAWA / 1979年公開 / フランシス・フォード・コッポラ, 映画『ライブリポート』あらすじと感想レビュー。少女誘拐事件の捜索をリアルタイムで描く, 警官とリポーターがコンビを組んで捜査!新感覚バディ・ムービー リアルタイムで進行する誘拐事件、緊迫の64分を“視聴者”として生で体感。 『ダークナイト』(2008)のアーロン・エッカート主演で贈る、緊 …, アメリカ同時多発テロから17年。本国のみならず全世界を震撼させたニュース映像で見た誰もが、生涯あの映像を忘れることはできないのではないでしょうか。 映画『ホース・ソルジャー』には、あのニュース映像が使 …, 映画『新感染ファイナル・エクスプレス』で襲いかかるゾンビをなぎ倒した熱い男を演じ、一躍人気を爆発させらマ・ドンソク主演映画『犯罪都市』 。 2004年実際に起こった事件を基に、強力班(強行犯係)の刑事 …, Netflix映画『6アンダーグランド』あらすじネタバレと感想。マイケルベイとライアンレイノルズが描いた「カオスとジョーク」の融合!, Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始。 ド迫力、ノンストップアクションで破壊しっぱなしの映画『6アンダーグランド』。 『デッドプール』のライ …, NETFLIX映画『タイラーレイク』ネタバレあらすじと感想。 命の奪還でクリスヘムズワースが魅せた豪快なアクションの数々!, 命を掛けて守るべきもの……NETFLIX映画『タイラー・レイク -命の奪還-』 『マイティ・ソー』(2011)への出演を機に「アベンジャーズ」入りを果たし、全世界で人気となったハリウッドスターのクリス …, 以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『地獄の黙示録 ファイナルカット』ネタバレ・結末の記載がございます。『地獄の黙示録 ファイナルカット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。, 2001年に公開された「特別完全版」にコッポラ監督が新たに編集を施した『地獄の黙示録 ファイナルカット』が、リストア、さらにはIMAX規格によって蘇りました。, 地理的にカーツに近づくにつれ、様々な地獄の情景を目の当たりにしたウィラードがカーツに同化していき最終的に“父殺し”として乗り越える旅, カーツの論理である“必要な軍事行動は果断に、無慈悲に、怯むことなくやりとげなければならない”ということと全く同じ, コッポラはベトナム戦争だけではなく大義名分のない戦争やテロリズムに対する一つの解を提示したかった, センスある編集とリアリズムあふれる映像美、そして緊張感溢れる映画体験を与えてくれる作品, 映画『サイレント・トーキョー』ネタバレあらすじ解説とキャストの配役評価。最後まで誰が生き残るのか⁈, 韓国映画『ザ・コール』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。パクシネとチョンジョンソの時空を超えた血みどろバトル|Netflix映画おすすめ7, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!, 映画『AKIRA』あらすじネタバレと感想解説。アキラの正体と肉塊となった鉄雄を考察!, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】. 1969年。ベトナム戦争も末期に差し掛かった頃、一時帰国していたアメリカ陸軍空挺将校のベンジャミン・L・ウィラード大尉(マーティン・シーン)は再びベトナムに舞い戻ってきていました。サイゴンのホテルで退屈な日々を過ごしながら指令を待っていたウィラードは情報司令部から呼び出され、司令官のコーマン中将(G・D・スプラドリン)と副官ルーカス大佐(ハリソン・フォード)の元に出向きました。 ウィラードはかつてCIAの諜報部員として要人暗殺の秘密作戦に従事してきた経験と実績を買 … 映画史上最高の戦闘シーン 「地獄の黙示録」の魅力の90%は、ヘリ部隊による空襲シーンです。 暁の空に浮かぶヘリの戦隊、高らかに鳴るワーグナー作曲「ワルキューレの騎行」、編集の切れ味、音楽と映像の最高の結びつきが見れます。 監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:マーロン・ブランド(ウォルター・E・カーツ大佐)、ロバート・デュヴァル(ビル・キルゴア中佐)、マーティン・シーン(ベンジャミン・L・ウィラード大尉)、フレデリック・フォレスト(ジェイ・“シェフ”・ヒックス)、サム・ボトムズ(ランス・B・ジョンソン)、ローレンス・フィッシュバーン(タイロン・“クリーン”・ミラー)、アルバート・ホール(ジョージ・“チーフ”・フィリップス)、ハリソン・フォード(ルーカス大佐)、デニス・ホッパー(アメリカ人カメラマン)ほか, ここからは映画「地獄の黙示録」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, 1969年。ベトナム戦争も末期に差し掛かった頃、一時帰国していたアメリカ陸軍空挺将校のベンジャミン・L・ウィラード大尉(マーティン・シーン)は再びベトナムに舞い戻ってきていました。サイゴンのホテルで退屈な日々を過ごしながら指令を待っていたウィラードは情報司令部から呼び出され、司令官のコーマン中将(G・D・スプラドリン)と副官ルーカス大佐(ハリソン・フォード)の元に出向きました。, ウィラードはかつてCIAの諜報部員として要人暗殺の秘密作戦に従事してきた経験と実績を買われ、元グリーンベレー隊長だったウォルター・E・カーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺指令を受けました。ベトナム人4名を殺害した罪に問われているカーツはかつて優秀な軍人でしたが、軍部の命令を無視した挙句にカンボジアのジャングルに逃げ込み、そこで独自の王国を築き上げ、現地人から神と崇められているというのです。ウィラードはコーマンからカーツは正気を失っていると告げられ、海軍の河川哨戒艇でヌン川を上ってカーツの王国に向かうよう命じられました。, ウィラードは哨戒艇のリーダーであるジョージ・“チーフ”・フィリップス(アルバート・ホール)、元プロサーファーという経歴を持つランス・B・ジョンソン(サム・ボトムズ)、料理の修業をしていたというジェイ・“シェフ”・ニックス(フレデリック・フォレスト)、まだ若いタイロン・“クリーン”ミラー(ローレンス・フィッシュバーン)の4人と共にカンボジア国境付近へと向かいました。ウィラードは彼らに目的を告げることなく、作戦に疑問を抱きつつカーツの履歴書に目を通しました。, 途中の危険地帯を通過するため、ウィラードたちは“空の騎兵隊”の指揮官ビル・キルゴア中佐(ロバート・デュバル)に護衛を依頼しました。最初は命令を受けていないと渋るキルゴアも、自身は大のサーフィン好きであり、一行の中には大ファンであるランスもいることから、部下の反対を押し切ってベトコンの基地をナパーム弾で空爆しました。恐れをなすランスをよそにキルゴアはナパームの匂いの虜になっており、ウィラードはキルゴアの行いはカーツと変わりないのではないかと疑問を抱きました。, ウィラードは移動中も引き続きカーツの資料に目を通していましたが、どうしても彼がなぜ狂気に陥ったのか理解できませんでした。やがて一行は給油のために立ち寄った基地でプレイメイトによる慰問ステージを楽しみますが、興奮した兵士が乱入したことからステージは打ち切られてしまいます。その後、チーフらはウィラードの意向を無視して別の船に近づき、子犬を敵だと勘違いして飼い主の現地人を射殺してしまいます。, 一行は米軍の最後の拠点であるド・ラン橋付近に到着しますが、指揮官が不在であることから早急にこの場所を通過しようとしたところ、哨戒艇は敵の攻撃を受け、クリーンは戦死してしまいます。一行はカンボジアとの国境付近で農園を営むフランス人一家のもてなしを受け、クリーンを埋葬してもらいますが、カーツの王国に近いジャングルでチーフは原住民に殺害されてしまいます。その頃ウィラードは、数ヶ月前に自分と同じ任務を背負ったリチャード・M・コルビー大尉(スコット・グレン)がカーツと行動を共にしているらしいという情報を掴んでいました。, カーツの王国に辿り着いたウィラード一行は、そこにいたアメリカ人カメラマン(デニス・ホッパー)の手引きで王国内に足を踏み入れ、コルビーがいることを確認しますが、そこは至る所に死体が転がっている地獄絵図そのもののような光景でした。ウィラードは一旦船に戻り、シェフに22時までに自分が帰ってこなかった場合は爆撃の要請をするよう頼み、ランスと共に王国内を偵察しますが、捕えられてカーツの元に引き連れられました。, カーツはウィラードの目的を見抜いており、ウィラードは軍人でも殺し屋でもないただの使いだとしてそのままウィラードを竹製の檻に監禁しました。, 水牛を生け贄に捧げる儀式の日、拘束されていたウィラードはカーツからシェフの首を渡されて驚きました。その後、ウィラードは特に監視されることなく自由の身となりましたが、任務を遂行することもできませんでした。そんなウィラードにカーツはいかに自分が凄惨な地獄を見てきたかを語り、真の精鋭とはモラルを保ちながらも感情を殺していかなる残虐行為にも手を染めることのできる人間であるとして、ウィラードに故郷にいる息子に全てを伝えてほしいと依頼しました。カーツは裏切り者としてではなく軍人としての誇り高き死を望んでいることを察したウィラードは意を決してカーツに襲い掛かり、カーツは抵抗することなく「恐怖・・・」と呟きながら息絶えました。ウィラードは軍からの無線の呼び出しにも応答せず、ランスと共に船で王国を離れていきました。, 全編異常な感じだった。冒頭ウィラードはホテルの部屋で一人暴れて怪我するし、空軍騎兵隊のキルゴアは戦闘を楽しんでいるようだった。哨戒艇で川を遡っていくにつれ異様な雰囲気になっていった。そしてカーツもカーツの王国も異様だった。幻想的なシーンも多かった。単なる反戦映画ではない感じ。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. 「地獄の黙示録」の解説、あらすじ、評点、78件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 1960年代のベトナム戦争下のジャングルを舞台に1人のアメリカ軍将校暗殺を命じられた大尉が4人の部下と共に目撃する戦争の狂気を描く。 (C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

いす トラック 灰皿, ジップロック 作り置き レシピ, メッシュフェンス Diy 価格, Dプログラム 使い方 順番, イン デザイン 表 ヘッダー,

新着記事

太陽光アンバサダーご紹介

カテゴリー

●太陽光アンバサダー募集中!

team@solar-ambassador.com