ヒラリー クリントン 女性

2020.12.11
ヒラリー クリントン 女性

ヒラリー・クリントンは12月3日、娘のチェルシーと映画監督のサム・ブランソンと共にHiddenLight Productionsと呼ばれるコンテンツ制作会社を設立し、アップルTVで配信される女性をテーマとしたドラマを制作すると、ツイッターで 『ヒラリー・クリントン』についての評価や評判、感想などみんなの反応を1時間ごとにまとめて紹介しています。また『ヒラリー・クリントン』を話題にしている男女比や最多属性、一緒にツイートされたワードなど詳しく紹介しているので、是非チェックしてください! プレジデントオンライン / 2020年11月30日 11時15分 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. Facebook 0 Twitter Pinterest 0 0 Likes. ヒラリー・クリントン ... 女性のみなさん。とくにこの選挙活動と私に対して、信頼を寄せてくださった、若い女性のみなさんにお伝えしたいのですが、みなさんの指名を受けたことを、たいへん名誉に … 先日開票された米国大統領選挙は、ヒラリー・クリントン氏が優勢と報道された時期もありましたが、ふたを開けてみれば、ドナルド・トランプ氏の勝利に終わりました。, 私はイリノイ州シカゴ郊外出身で、今でも交流ある友人からの情報を元に、この結果を予想していた一人です。とはいえ、同じ女性として、初の女性大統領の誕生を願っていたのも事実。クリントン氏の敗北は残念でなりません。今回は、クリントン氏がアメリカで置かれていた状況を読み解きながら、女性リーダーとして求められる、「多様な価値観を持つ人々との付き合い方」について考えてみたいと思います。, 1つ目は、女性でもヒラリーが嫌いという人が少なくないことです。45歳以上のキャリア女性に人気があるクリントン氏ですが、20~30代の若い女性キャリア世代からは、「パワーウーマンの象徴のような彼女を好きになれない」「夫の力を借りてキャリアを築いてきたような人をロールモデルにはできない」と言われています。, 2つ目は、米国は依然として白人男性社会で、女性が大統領になるのを望まない人が多いということ。黒人男性大統領の後に、女性が大統領になるとすると、女性に対するバイアス(偏見)が存在する以上、男性にとっても女性にとっても、そして、どんな人種に対しても完璧な存在でなければ、大統領になるのは難しいでしょう。長い選挙戦を迎える時点でクリントン氏以上に女性大統領に近かった人はいませんが、どこから見ても文句のつけようがないレベルではなかったことが、当選が難しいと予想していた理由の1つです。, 3つ目は、都会と地方での温度差です。都会と地方の格差は深刻です。米国民の求める経済政策の変化に対して、クリントン陣営は建設的な政策を出さず、米国がどのように成長していくのかを描けませんでした。トランプ氏は、女性蔑視発言や移民排他発言を連発しながらも、法人税の大幅引き下げなど米経済を好景気へ導く施策を打ち出しています。男尊女卑や民族排他主義的な傾向は、米国にはもともとあるものと、多くの有権者は理解しています。そんなことよりも経済政策をどうするのか。経済政策に期待していた地方の有権者に対するクリントン陣営の読みの甘さが、地方票の伸びの悪さに繋がりました。, 上記の3点いずれもが、自分と違う人たちの中で、どうリーダーシップを発揮するかを考える際に示唆を与えてくれるものです。, この記事の冒頭の>私はイリノイ州シカゴ郊外出身で、今でも交流ある友人からの情報を元に、この結果を予想していた一人ですそれは凄い、と思ってNBOだけでなく筆者の過去の文章を探してみましたが、そういった趣旨の記事は見つかりませんでした。後からならなんとでも言えますが、他の方もおっしゃっているように「ガラスの天井」というフレーズを使かいたかったのでしょう。ヒラリー氏が勝てなかったのは、女性であることよりも、ウォール街の巨大金融機関から多額の資金を受け取るなどのこれまでの行為と、選挙期間中の主張が矛盾に満ちたものであるということと、過去8年間の民主党政権への批判が原因でしょう。, >多様な人をリードしていくには、相手はどういう価値観なのか、何を大事にしているのか、それを踏みにじらないように配慮することもリーダーに求められる資質です。クリントン氏が落選したのは、女性云々という前に、まさにこれが原因だと思います。アメリカには保守的な考え方が根強いですし「私はクッキーを焼く女ではない」との意見は、生き方の違う同じ女性を侮蔑しているともとらえられます。それがリーダーとしての「資質」に欠けていると判断したのではと思います。まぁ、その分、既婚の女性は、男性よりもハードルが高いとも言えます。小池さんのように独身だったら、ここまで厳しくないのかなぁとも思います。, 男社会の技術畑で仕事をしている女ですが、男勝りではなく、男性と比べた時に同等のクオリティ、熱意で仕事ができれば、女性でも同じ評価がされいる時代だと思います。わがままな人や上から物を言う人、ニーズが捉えられない人は男性にも沢山いますし、そういう人は評価は低いのではないでしょうか。未だに「女性は」〜などと物事を捉える人もいることは事実ですが、女性がそこを気にして行動しすぎると、今までのやり方に賛同している側の人間です、と言っているような気がします。, ヒラリー氏の敗北の原因の一つが女性であることをあげている人は少ないと感じます。私はトランプ氏が勝ったと聞いて、最初にガラスの天井の存在を感じました。ニュースでもヒラリー氏が女性票を予想より取っていないと報道されていました。そして、私の思っている以上にアメリカではまだまだ女性差別が残っているのだと感じました。また、日本で女性だからと論じる人の少なさから、日本における女性差別の風潮を感じざるをえません。正面からそのことを議論できないのは残念でなりません。△今回のアメリカ大統領選の一番の問題は2名の候補者がどちらも大統領になることを目的に戦っていたことだと私は感じています。私の印象では少なくともオバマ氏は自分の理想を実現するために選挙戦をしているように感じました。結果上手く行ったとはいえないですけどね。でもヒラリー氏は理想が最初の女性大統領という印象が強かったです。このあたりが、人気がなかった原因の一つかと感じます。トランプ氏も自分の商売の宣伝のために大統領選をしているような印象でした。いや今もそうですね、大統領としての職務より、自分の商売という感じです。アメリカの心ある人達は両者のこの共通点を敏感に感じて、史上最悪の争いなどと言っていたのだと思います。△政治家として、どう多くの意見の妥協点を見つけて調整していくかということに力をいれていれば記事にあるようなSEEDSモデルを活用して選挙戦を戦うこともあったでしょう。しかし、クリントン氏はどうも弁護士として正義を振りかざすような選挙戦をしていのではないかと思います。そして、その正義は理想的な社会を作ることではなくてガラスの天井を破ることだったのでしょう。, 見事な「見たい物・信じたい物」=「ガラスの天井」ぶりですね。心の安定をもたらす仕組みは重要だけど、それは個人の心の中だけに留めて欲しい。妄信や暴言モドキで同じように人を惑わすのは。暴言や失言を吐く政治家の人の事を責める事ができない同じ穴の狢になるだけ。信じ込ませて人を惑わし、対立するものを叩き上げるのは、最近も良く聞く悪者の代名詞の誰かと変わりはしない。「ガラスの天井」が存在する前提での色眼鏡の上での調査ではなく、物事をもっと別の視点から見られない限りこれからも間違い続けるだろう。, トランプ氏は「思っていたけど言えなかったことをよくぞ言ってくれた!」と感じた人が多かったということでしょうね。逆にクリントン氏が「わたしはクッキーを焼くような女じゃない」と言っても、「わたしも!」と共感する人はそもそも自分から宣言できる強い女性なので代弁者は不要、一方、「わたしはクッキーを焼いていたいの」という女性の支持を得られなかった、こういうことですね。, 『もし東京都知事選で小池氏が落選していたとしたら、小池氏は「ガラスの天井に阻まれた」と釈明するでしょうか。有権者に前回の都知事選を「女性の男性に対する戦い」という枠組みで捉えていた人は殆ど居なかったように思います。クリントン氏の釈明は、自らの失策を認めたくないゆえの狡猾な物言いとしか見えません。』・・・・・と書かれた方がいらっしゃいましたが全くの同感です。確かに筆者の指摘することも敗因の一部ではあるでしょうが、それでもメール問題さえなければ当選していたのは彼女だったはず。土壇場で蒸し返されたことによる影響はあったかもしれませんが、それでもクリントン氏を阻んだのは自らまいた種であり、自分で蹴躓いた事の結果ですよ。ちなみに、もしメール問題を抱えていたのが男性候補者だったら、もっと深刻なダメージを受けていた思うのは私だけでしょうか。, そうかなあ…有名なセリフをもじって言えば女だから投票しなかったわけじゃない。投票したくないやつがクリントンだった。それだけだじゃないのかなあ, 女性だからというのは、視点が少し、、と思います。前回の大統領選ならいざ知らず、今回は、単純に、既得権(ヒラリー)とみなされて、票が伸びなかっただけでは、2つ目の理由にしても、そういう考えの人がいるのは事実ですが、それが多いといえる数では、なかったと思うし、本当に単純に、現状に不満な層が、アンチヒラリーとして、投票したのではないでしょうか?もうジェンダーを票に結びつける運動が社会として認められないのではないでしょうか?, 以下のお二方の意見に激しく共感します。>もし東京都知事選で小池氏が落選していたとしたら、小池氏は「ガラスの天井に阻まれた」と釈明するでしょうか。有権者に前回の都知事選を「女性の男性に対する戦い」という枠組みで捉えていた人は殆ど居なかったように思います。本当にその通りですね。私は都民の女性であり小池氏に投票しましたが、あくまでも小池氏の政策に対して期待したからであり「女性初の都知事になってほしいから」などという陳腐な理由ではありません。一人の女性としていつも思うのですが、「女性首相」「女性総理大臣」「女性市長」などというアピールはいい加減にやめていただきたいです。「女性」以外にもっとアピールすべきところがあるじゃないかと。>時にはバカを演じる、相手にスキを見せる。これは体育会系男性社員の得意とするところで、その辺の処世術こそ女性がいまだに越えられないガラスの天井だと思います。こちらもおっしゃるとおりだと思います。同じ女性からしてみてもなぜそこまで鎧兜で身を固めなければならないのか。バカを演じたりスキを見せることを嫌うのか。男性社会がそうさせたのだという人もいるでしょうが、果たしてそうでしょうか?女性自身が「男性社会で立身出世するにはこうあるべきだ」という女性像を勝手に作り上げて、それに縛られ、抜け出せなくなっているだけなのではないかと考えます。, 結果からみると、クリントン候補は圧勝すべき女性票やマイノリティ(非白人)票で圧勝しきれず,従来の民主党の基盤だった工業地帯のブルーカラー男性票をトランプ候補に持って行かれた,というのが敗因と言えるでしょう。けれども、この記事にかけている視点として、一般投票では1%以上勝っていたこと、そして記事で言及されているイリノイ州(シカゴなどがある)を含み、大都市圏を抱える州の多くでは圧勝に近い票さで勝っていたこと。カリフォルニア州(最大の人口と選挙人数)に至っては、ダブルスコアに近い圧勝だったことを見ても、必ずしも若年層の指示がなかったわけではなく、元々クリントン候補に投票するのに消極的だった層を引き込むだけの魅力と説得力が最後までなかったということだと思います。カリフォルニアや北東諸州の都市圏、あるいは中西部でもシカゴのような大都市とそれ以外の地域の断絶の激しさが想像以上だったということだと思われます。票の偏り方が、このような結果になったのは明らかです。, 日本男性の私から見てもヒラリーには大統領になって欲しくないと思ったのですから、米国女性のみならず男性含めそうだったと思います。接戦だったのは、単にトランプ発言に反応した人々も多かったためで、他候補だったら圧敗だったと思います。, 黒人大統領とか、女性大統領ということ自体が、差別を容認している言ですね。今回ヒラリーが負けたのは、女性だからではなく、アメリカ国民がオバマ政治にノーを突き付けたからです。民主党の候補が男でも、サンダースさんのように、オバマの政策とは異なった主張をしない限り、人気は出なかったでしょう。女性大統領が見たければ、アメリカのドラマ24の女性大統領篇でも見ればいい。, さほど難しい話ではなく、知的で頭のいいエリートより、下品でガサツでだけどわかりやすく共感しやすい土建屋出身のオジさんにみんなが投票したということでしょう。一方、ヒラリーさんの敗北演説は全て観ましたが、あれほど感動的な演説を観たことがありません。彼女は大学時代から大統領になろうと努力し、忍耐し、夫が執務室で常時に及んでも離婚せず我慢し、そしてあそこまで上り詰めた人です。その超人的な努力と、敗北しても堂々と胸を張って語りかけた姿は、エリートとか女性だとかの枠組みを超えてよく頑張った、素晴らしいと賞賛すべきものだと思いますけどね。それがフェアプレー精神かと思います。, もし東京都知事選で小池氏が落選していたとしたら、小池氏は「ガラスの天井に阻まれた」と釈明するでしょうか。有権者に前回の都知事選を「女性の男性に対する戦い」という枠組みで捉えていた人は殆ど居なかったように思います。クリントン氏の釈明は、自らの失策を認めたくないゆえの狡猾な物言いとしか見えません。筆者の論理的な解決法も結構ですが、それ以前に「限りなく黒に近いグレーゾーンの人間を選ぶべきか」というジェンダーとは全く別の話だったと思います。(これは全く個人的な反応なのですが、夫のあれだけの不品行を恐らくは野心のために見逃した、という行動が私には生理的に無理です), 私の知り合いの米国人は、クリントン氏のしゃべり方自体に独特の上流階級的なクセがあって拒否反応を示す人が多い、とのことでした。ビジネスでもそうですが、女性は男性社会に挑戦する立場故か鎧兜に身を固めて完璧を装い、周囲からとりつきにくい人が多いような気がします。例えば小泉進次郎、彼は地方に遊説に行けば臆面や照れもなくその土地の方言で語りかけます。みんなそれがパフォーマンスだと分かっていても、それを承知で演じるところに凄みがあります。汗をかく泥臭い姿に感動するのが人間の感情です。時にはバカを演じる、相手にスキを見せる。これは体育会系男性社員の得意とするところで、その辺の処世術こそ女性がいまだに越えられないガラスの天井だと思います。, 難しい話はよく分からないが,男女差別という対立を持ち込んで選挙に勝とうとしても無理があるということですね.対立軸としては,トランプ氏の方が説得力がある.男に勝つことばかり求める女性に魅力が無いのは,実力の無いことを差別のせいにしているからではないか?, クリントンが勝てなかった事が悔しかったのかもしれませんが女性だからなんて理由は今回に限れば関係ないと思いますけどね。だいたい、今回民主党は連邦議会選挙、特に上院で過半数奪回確実視されていたのが敗北していますよね。単純にこれまでの8年間のオバマ政権の実績が否定されたんだと思いますけど。チェンジを唱えて出てきたオバマ政権の結果がより一層の格差でしたから。クリントンはそれに対して何らの対応もしなかったんですから失望されるのは当然でそこに男女の差は関係ないでしょう有権者が何を求めているのかも分からず、単に自滅しただけです。, アメリカでも女性の敵は女性なのでしょうね。根が深いですね。ただ、YahooのCEOを見ると納得してしまいます。, 仕事と育児(未就学児)両立中の女性です。「男勝りに仕事をしてきた人は、女性の代表にはなりえない」、これは私も痛感しています。会社では女性活躍推進活動が展開され、社内外の女性講師による講演会が積極的に開かれていますが、この女性講師の大半が45歳以上の「男勝りに仕事をしてきた人」です。今の育児世代はその両立方法に共感していません。だから、クリントン氏が若年女性の共感を得られなかったのも尤もです。同時に、日本の会社は若年女性の共感を得られるロールモデルを適切に見極めて適切に提示する必要があると感じています。, こうやって大統領選挙後を振り返ってみると、なぜかクリントン候補の情報が非常に多かった印象を受ける。つまりは民主党支持派の情報発信力が共和党派を圧倒していたのだろう。実際トランプ候補が際立ったのは、ガラの悪い罵詈雑言を口にした時だけというフィルターもかかっていたように思える。 まあ普段、いつも通りの生活を営む人たちにすれば、理想の主張よりも目の前の安全や秩序だから、日々毎日の普通の生活をわざわざ主張するまでもないと言うことだろう。 この「ガラスの天井」にしてからがアメリカ発の情報を含んだ言葉。本人が言ったからまずはOKとしても、本当のところどうなのかと、少々首を傾げてしまう。 と、女傑がうごめく日本の住民として思うところです。, 今回のクリントンの敗北は、消去法による結果だろうと思います。クリントンの強欲性、秘密性、隠ぺい体質を多くの米国人が本能的に彼女は信じられないと感じた結果、本来民主党へ投票すべき人々が棄権に回ったためでしょう。実際前回の大統領選(オバマ)に比べ、今回の民主党獲得投票が格段に少ないのがこれを証明しています。いずれにせよ、女性だったから負けたのではなく、彼女の素養、人格、そしてメールサーバー問題、クリントン財団などに関しての行動が彼女自身を敗北させたと理解しています。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. 619 票; そのどちらとも. 「初の女性大統領は誕生するか」カマラ・ハリスとヒラリー・クリントンの決定的な違い. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 事業・経営を担うリーダー向け事業発想ワークショップをオンラインで開催します。 一流講師陣の講義とワークで、コロナ禍での新事業創造への道筋を探ります。. 2016年アメリカ大統領選挙は共和党から出馬したドナルド・トランプ候補が勝利を収めました。民主党から出馬したヒラリー・クリントンは惜しくも敗退。米国初の女性大統領の誕生、は実現なりませんでした。 大統領選では敗退した陣営も選挙結果を受けて演説(concession ヒラリー・クリントン氏が米大統領選で敗北した大きな理由は何だと思いますか? ヒラリー氏が女性だったから. ヒラリー・クリントンの名言②. アメリカに女性大統領が誕生するのは賛成だけど、アメリカ初がヒラリーであって欲しくない。 ヒラリーが大統領になると、女性の価値評価がさがりそうだわ。 クリントン家はいつかは逮捕されるはずだ。 ヒラリー・ロダム・クリントン(英語: Hillary Rodham Clinton, 1947年10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家・弁護士。第67代国務長官・上院議員を歴任。第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの妻であり、1993年1月20日から2001年1月20日までアメリカ合衆国のファーストレディだった。2016年アメリカ合衆国大統領選挙において、アメリカ史上初めて主要政党の指名大統領候補となった女性である。身長168センチメートル 。 Yumiko Sakuma. <女性と米外交> 弁護士としてのヒラリー・クリントンのキャリアが、初めてメディアの大きな注目を浴びたのは1992年。夫であるビル・クリントンが米大統領選に出馬したときだった。弁護士をやめて(専業主婦となり)家でクッキーを […] Diary Yumiko Sakuma November 08, 2018 Comment. 前嶋和弘 激しい戦いの末、ヒラリー・クリントンはドナルド・トランプに敗れた。歴史的とされた女性大統領の誕生は夢に終わり、「ガラスの天井」は破られなかった。 選挙戦術も甘かったクリントン陣営 クリントン夫妻はそろって退場 65 票 夫の不貞を乗り越えるパワー ヒラリークリントン. ヒラリー・クリントンが若年女性から支持されない理由 2016年の民主党での大統領予備選挙の指名争いで、バーニー・サンダースのほうがヒラリー・クリントンよりも若者の支持率が圧倒的に高い。 クリントンは深い屈辱感を味わった。 クリントンは、法廷証言とテレビ演説で不適切な関係(inappropriate relationship)を認めざるをえなくなる。NOW(全米女性機構)などのフェミニスト団体は大統領を擁護し、ルインスキーを激しく攻撃。 クリントン氏敗北を予想した3つの理由 クリントン氏の当選が難しいと予測していた理由は3つあります。 1つ目は、女性でもヒラリーが嫌いという人が少なくないことです。 女性を抑えつける法律や伝統は、社会全体をも抑圧する。 The law and the tradition against which a lady is pressed also oppress the whole society. ®ã¨ã‚¸ã‚§ãƒ³ãƒ€ãƒ¼:女性が周縁・他者になる理由, パラリンピックを廃止してオリンピックに統合すべき理由とは, 家事の無償労働(アンペイドワーク)論の誤りとお小遣い制, 女性専用車両というホモフォビア:ゲイを排除する女性専用車両, ヒラリー・クリントンと女性票:若年女性の不支持の理由. 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, ヒラリー・クリントン氏は、2016年11月9日、ニューヨークのニューヨーカーホテルで米大統領選の敗北演説を行った。(写真:代表撮影/UPI/アフロ), 優れた戦略立案は確かな情報源から。 このヒラリー・クリントン敗北、ドナルド・トランプ勝利が、この先立て続けに起きる「女性の敗北」の決定的な第1敗目となりました。 南朝鮮のパククネ失脚、女性の”活躍”が一転して女性の”被疑者”に ヒラリー・クリントンに学ぶキャリア (3ページ目) 女性初のアメリカ大統領を目指す、上院議員ヒラリー・クリントン。果たして、彼女は本当に初の女性大統領になれるのでしょうか? 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 女性について触れる機会が多いのは、服装の多様性が異なるだけでなく、関心の強さも違うからだ。ファッションの選択肢が広いことは、さまざまな意味で、女性にとっては問題というよりは利点になるといえるだろう。 よい例が、ヒラリー・クリントンだ。 アメリカのイージーな離婚社会の中にあるのに、精神的苦痛を乗り越え、夫の浮気を克服した女性、ヒラリー・クリントン上院議員。 #ヒラリークリントン . ヒラリー・クリントンは 政治家として アメリカをよくしたいという思いから進路や 生き方を選択 し着実に歩んだ女性です。 彼女の特徴は強さ 。 悲しみや苦しみ、困難に立ち向かって進もうとします。 ヒラリー・クリントンのプロフィールヒラリー・クリントン・1947年10月26日生まれのアメリカ合衆国の政治家、弁護士で、国務長官、上院議員を歴任。・第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの妻であり、1993年から2001年までアメリカ合衆国のファーストレディだった。 ヒラリー・クリントンが恐れられているのはその奴隷の拷問のやり方らしい【ヒラリーの弟は強姦ビデオを所有していたので暗殺された】令和元年6月13日ヒラリーが、トランプに大統領選挙で、敗北したのは、本当に(福音派)待望の核戦争をやるだろう。と、いう情勢だったかららしい。 NHK 映像の世紀 「世界を変えた女たち」より 2016.12.03 ナレーション 11月9日、史上初の女性アメリカ大統領を目指したヒラリー・クリントン。敗戦の弁は歴史に残る名スピーチといわれている。 数年後、数十年後、世界の誰かが第二のヒラリーとして現れる日がくるだろうか。 34 票; ヒラリー氏個人が不人気だったから.

ロッテ 日本一 スタメン, 競馬 アナウンサー 女, 近鉄バファローズ 選手 現役, オーストラリア ポスト 追跡, シャロ フィギュア プライズ, 日ハム 妻 いじめ まとめ, 日本ハム 99 番, 広瀬すず 衣装 ブランド, ロッテ ユニフォーム 侍,

新着記事

太陽光アンバサダーご紹介

カテゴリー

●太陽光アンバサダー募集中!

team@solar-ambassador.com