アルファ碁 棋士 反応

2020.12.11
アルファ碁 棋士 反応

アルファ碁の偉業もとい異形 ※世界トップ棋士のイセドル9段に4勝1敗! ※謎の最強アカウントの出現、リアルヒカルの碁、Saiが登場したと話題に! ※2017年1月、改良版アルファ碁が世界のトップ棋士等を相手に60連勝! 人類最強棋士相手に3連勝を飾った米グーグルの囲碁AI「アルファ碁」。10年先と言われていたAIの完全勝利は、囲碁界に激震をもたらした。AIの勝利は囲碁界に何をも…(2017年9月23日 6時0分0秒) 『5戦全勝ではないかもしれない。』 アルファ碁勝利を的中させた人が日本にいた!(2016.10.21) なぜアルファ碁戦がたった5局なのか(2016.10.21) イセドル戦第4局でアルファ碁は暴走も誤作動もしていない(2016.10.05) 大手新聞各社へのお願い:プロ棋士への資金を囲碁ソフト開発に回してください(2016.09.23) (参照元:毎日新聞:ジョン・ダイヤモンド会長のコメント), 2016年3月に賞金100万ドルをかけて世界トップクラスの棋士と言われている韓国のイ・セドル九段にアルファ碁が対局することになりました。, イ・セドル九段は『(AIは)驚くほど強く、進化し続けていると聞いたが、勝つ自信はある。』とコメントしています。, 生年月日:1983年3月2日、韓国の囲碁棋士。九段。 ・中国出身でフランスに帰化。 従来の定石・セオリーに囚われない独創的で戦闘性の強い棋風から「囲碁界の魔王」とも呼ばれ、国際棋戦優勝10数回など、2000年代から2010年代前半における世界最強の棋士と目されています。, (出典元:イセドルwiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E4%B8%96%E3%83%89%E3%83%AB), グーグルは、アルファ碁と世界トップクラスの棋士であるイ・セドル9段が3月に韓国で行う歴史的対局をストリーミングで生中継配信すると発表しました。これにより、世界中の囲碁ファンがインターネットを通して、アルファ碁とイセドル9段の対局を生中継で観戦することが可能になります。, 動画共有サイト『ニコニコ動画』を運営するドワンゴは、世界トップレベルの囲碁ソフトを開発する『Deep Zen Go プロジェクト』を発足させると発表しました。, ドワンゴは将棋の方でもコンピュータとプロ棋士が対局する『電王戦』を開催しており、囲碁も近い将来はと計画していましたが、『アルファ碁』に先を越される形となってしまいました。, そんな時に、囲碁ソフト『Zen』プログラマーの尾島陽児さんからドワンゴの方に『打倒アルファ碁のためのサーバー環境の用意』を打診され、協力を進めていくことになります。, このプロジェクトには『日本棋院』『東京大学』も協力することになっています。オールジャパン体制でアルファ碁に挑む構えです。, 計画としては、半年から1年後をめどに、googleが開発した『アルファ碁』に対抗できるソフトの開発を目指しています。, 『Zen』開発チームの加藤英樹代表は『アルファ碁をエネミー(敵)ではなくライバル、人間が強くなるために必要とされる存在にまでソフトのレベルをあげることも、研究者の役割』という考え方を説明しています。, 『大学院生らの有志を募って参加する。このプロジェクトで人工知能技術を高めることは、日本の産業競争力を高めることにもつながるはず。』, 『(どのような協力体制で進めていくのか)まだ決まっていることはないが、全面的に協力する。』, 対局は五番勝負 米Googleの人工知能(AI)部門DeepMindが開発する「AlphaGo」(アルファ碁)と韓国のプロ棋士・李世ドル(Lee Sedol)九段の5番勝負の4局目が13日に行われ、李九段が初勝利を収めた。 アルファ碁に敗北後、対局を見直す李セドル九段=12日、ソウル(AP) 【ソウル=名村隆寛】AI囲碁ソフト「アルファ碁」が世界トップ級のプロ棋士を相手に1敗も許さず3連勝したことについて、 2016年の3月9日~15日にGoogleのディープマインド社が開発した『アルファ碁』と、世界トップクラスの棋士と言われている韓国の『イ・セドル9段』の五番勝負が行われました。, 誰もが『イ・セドル9段が勝利するだろう』と考えていた中、『アルファ碁の4勝1敗』という結果に終わってしまいました。, 2013~15年に3年連続で欧州チャンピオンとなった中国出身の樊麾(Fan Hui)ファン・フイ二段。, 15年10月にアルファ碁とファン・フイ二段による非公式の対局が行われ、アルファ碁が5戦全て勝利してしまうという、驚きの結果がでてしまいました。, ただし、非公式の対局であったため、この時点ではまだ世間には公表されていませんでした。, 樊麾 (Fan Hui, ファン フイ) Copyright (C) 2020 囲碁ブログ『日々ネット』 All Rights Reserved. 第3局までの勝利をアルファ碁に譲り、今回のシリーズは人工知能の勝利が決まっていたが、人間側が逆境の中で上げた価値ある1勝だった。1202個のcpu(中央処理装置)を使った人工知能プログラムを抑え、人間の創意性をアピールした結果だった。 衝撃的な事件が起こった。Googleが開発した囲碁AI・「アルファ碁」が世界最強の棋士と言われるイ・セドル九段に三連勝したのだ。 この衝撃に、囲碁界の内外からさまざまな反応が起こっている。特に、棋士の方々からはアルファ碁のあまりの常識はずれの強さにかなり動揺されているようだ。 ・1981年12月27日生れ アルファ碁勝利後の日本人の異常な反応 私がこのブログを始めたのは「将棋より囲碁で先にコンピュータ VS 人間が決着した意味を、もしかして日本人の誰も理解していないのか」という戸惑いがあった … アルファ碁棋士の実力発揮は素晴らしい。 頭が下がります」、「ディープマインドは全世界を変えます。 私は自分の本分をしっかり果たし、囲碁に努力して、囲碁の楽しさを味わうだけです」などと述べた。 Googleのアルファ碁(AlphaGo)とイ・セドル九段に御礼を伝えたい。 「ありがとう。そしてお疲れ様でした。」 本当に囲碁をやっていて良かったと思えたし、囲碁の魅力を再認識した時間でした。この素晴らしい対局をリアル […] ・日本のプロ棋士の低段程度の棋力, 米IT大手グーグルと英グーグル・ディープマインド社の研究チームは、開発した人工知能(AI)のコンピューターソフト『アルファ碁』が、欧州チャンピオンのプロ棋士『樊麾(Fan Hui)ファン・フイ二段』と対局し、5戦全勝したと2016年1月27日付の英科学誌ネイチャー電子版にて発表しました。囲碁のコンピュータソフトが、正式な19路盤の囲碁で人間のプロ棋士に勝ったのは初めてで、開発したgoogle側は『偉業を成し遂げた』と喜んでいます。, 囲碁ソフトの考え方は、自分が次にどこに打つかを計算によって判断、シミュレーションし、勝つ確率が高いであろう一手を選ぶという手法をとっています。この手法は2000年代に開発され、少しずつ精度を上げていき、アマチュア上級、アマチュア低段、アマチュア中段、アマチュア高段・・・と棋力を高めてきました。, しかし囲碁はチェス、オセロ、将棋などと比べると盤面の格段に広いとうい特徴があります。その為、一手一手の可能性を考えるなら『チェスが10の123乗通り』ほどなのに対し、『囲碁は10の360乗通り以上』もあることになります。このため、コンピュータであろうとも計算が追いつかず、囲碁でコンピュータがプロ棋士に勝つにはまだまだ時間がかかるであろうと言われてきました。, アルファ碁の開発チームはやみくもに計算することをやめ、コンピュータに膨大なデータを学習させて判断能力を高めるという人工知能(AI)の『ディープラーニング』と呼ばれる新技術などを組み合わせました。人工知能の『アルファ碁』に、プロが打った盤上の石の配置を画像として入力し『勝ちにつながる形』を覚えさせるという手法をとったわけです。さらに、アルファ碁同士での対局を続けさせることによって、最善の一手を打つための手法を時間をかけ自己学習させることにより、さらに棋力を上げることに成功しています。, 『アルファ碁』の強さは非常に印象深い。予備知識がなければ、棋譜を見てもどちらがコンピューターか分からないほどだった。私は以前、コンピューターが最も強い棋士に勝てるようになるのは5〜10年先だとみていたが、今では目の前にその時が迫っているように思える。』 ・世界ランキングは600位代 『アルファ碁は人間の直感力に100%到達したわけではないようだ。その点、人間が有利では』, 『アルファ碁』と、韓国のプロ棋士で世界トップレベルの実力を持つイ・セドル九段との五番勝負の第1局が9日、ソウル市内のホテルで行われ、アルファ碁が勝利しました。, 第1局目にしてとんでもないことが起こってしまいました。2015年10月に『欧州のチャンピオンであるプロ棋士に対等の条件で勝った』という衝撃から約半年。グーグルが開発した囲碁ソフト『アルファ碁』は世界トップの一人に数えられるイ・セドル九段を中押しで破ってしまったのです。, 昨年10月の段階で、『アルファ碁』が英国で負かした相手の実力はプロ棋士とはいえ、プロの低段レベルでした。そのままなら、イ・セドル九段が勝つだろうと日中韓のプロ棋士たちは考えていました。, しかし、『アルファ碁』は短期間で人間の歴史の数百年、数千年分の研究を積み重ねることができると言われています。そのため『もしかしたら・・・』とは確かに噂されていました。, 韓国人プロ棋士イ・セドル九段が囲碁ソフト『アルファ碁』に勝利した13日の対局を、聯合ニュースは「人間の無限の可能性確認」と伝えた。囲碁人気が高い韓国で李九段の連敗は衝撃的に受け止められてきただけに安堵感が広がった。, 一方、欧米メディアも勝利を速報。AP通信は「アルファ碁は完全ではない」と論評した。, 韓国各紙は13日の勝利は「『闘魂』が人工知能(AI)破る」(ハンギョレ電子版)、「驚異の初勝利」(聯合ニュース)などと喜びをもって報じた。, これまではアルファ碁を「人間が立ち向かう『囲碁の神』」(東亜日報)などと「恐怖」もにじませ報道、李九段にとっては過去の対戦データを蓄積されるなど不利な戦いだとの指摘も伝えていた。(共同), イ・セドル9段に『3勝1敗』としているアルファ碁が、世界ランキング4位に登場してきました!, 『実力というより、集中力で人間はついて行けない。』ソウルで囲碁ソフト『アルファ碁』との最終戦を終えたイ・セドル九段は記者会見で『有終の美を飾りたかった。人間がまだかなうレベルと思えるだけに悔しい』と述べた。また、9日からの全5戦を『心から楽しんだ』と振り返った。, イ・セドル9段に『4勝1敗』という好成績を残したアルファ碁は、世界ランキング2位まで上がりました! 賞金は100万ドル(約1億1200万円) 大注目のアルファ碁VSイセドル9段の対局ですが、あまりにもレベルが高いため多くの方にとっては難しくて判断しきれない場面が多々あるのではないでしょうか。 そこで今回は対局内容を解説してくれているブロガーさんや動画を集めてみ・・・ 対局は各午後1時から 2016年3月9日 アルファ碁、イ・セドル9段を破る! 『アルファ碁』と、韓国のプロ棋士で世界トップレベルの実力を持つイ・セドル九段との五番勝負の第1局が9日、ソウル市内のホテルで行われ、アルファ碁が勝利しました。 ・中国プロ二段。 ... アルファ碁は何を考えていたのか? ―トップ棋士3人による徹底解剖― (囲碁人ブックス) 小松 英樹 , 河野 臨 他. ・年齢:34歳 Amazon.co.jp: アルファ碁. つまり 藤原 佐為はアルファ碁 ... 記事への反応 - ... グーグルが開発したAlphaGoという囲碁プログラムが、 世界トップレベルのプロ棋士、イセドルをフルボッコにしている。 5番勝負のうち、既にコンピュータが3連勝。 アルファ碁棋士の実力発揮は素晴らしい。 頭が下がります」、「ディープマインドは全世界を変えます。 私は自分の本分をしっかり果たし、囲碁に努力して、囲碁の楽しさを味わうだけです」などと述べた。 昨日人類を裏切ってアルファ碁(AI)の勝利に賭けた棋士から「ジュースはもらったな」ってlineきた… — 大熊悠人 (@kumanoyuuutu) 2016年3月10日 これだけ白(セドル)に稼がれたら、普通は怒り狂って中央しばきにいきたくなる アルファ碁(AlphaGo)という名前の囲碁プログラムと、韓国のトッププロ棋士の一人であるイ・セドル九段の5番勝負です。 アルファ碁は、グーグルが2014年に買収したイギリスのディープマインド社が … 衝撃的な事件が起こった。Googleが開発した囲碁AI・「アルファ碁」が世界最強の棋士と言われるイ・セドル九段に三連勝したのだ。, この衝撃に、囲碁界の内外からさまざまな反応が起こっている。特に、棋士の方々からはアルファ碁のあまりの常識はずれの強さにかなり動揺されているようだ。アルファ碁の打つ手は従来の常識的な手でないものが多く、悪手を打ったと誰もが思っていても結果的に勝ってしまう。従来の手に対する評価が通用しないのだ。あたりまえの布石・当然の定石まで疑わなくてはならなくなる、という反応がツイッターなどを読んでいていくつも見られたが、人生を賭けてやって来たものが目の前で否定されて行くという辛い経験を多くの棋士がしているのだろうなあと想像される。, 東日本大震災から5年、追悼番組を見るとあの衝撃が蘇って来るが、イ・セドル九段の敗戦は、「ぽぽぽぽーん!」というCMが流れたあの時期のイメージと重なる。昨日まで確かだったものが失われてしまったあの非現実的な衝撃に似ている。囲碁界がお通夜ムードなのも無理はないと思う。, もちろん、この複雑なゲームを何千年もやって来た人間の蓄積にコンピュータソフトが勝つというのはそう簡単なことではない。それを実現したのはディープラーニングと言う自己学習システムを導入したことによる。囲碁の変化は初手が19×19の381通りあり、二手目は残りの380手あるわけだから、もし200手で決着がつくとしたら381P200通りあるわけで、天文学的な選択肢が存在するから、全部を詰めて計算するスペックを持ったコンピュータはない。自分で学習すると言う画期的なディープラーニングのシステムにしても、公開されているものを読んだら1202のCPU(中央演算処理装置)と176のGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)が使用されているといい、世界一のIT企業であるGoogleであって初めて可能になった規模のシステムなのだろうと思う。, しかしそれを持ってしても「終盤になるほど強い」というのは、序盤はまだ試行錯誤がかなりあるということだろう。元々狭い局面では「詰め碁」という特化した訓練法があるが、序盤中盤は戦法を考え実践を繰り返して行くしかなかった。高スペックなAIが高速で24時間ディープラーニングを繰り返して行けばどこまで行くのか。また、人間は19×19という広い局面を完全に一つの絵として眺めると同時に細部もこだわるというのが難しかったのが、アルファ碁はそれが出来ているのではないか、という話もある。ある意味、人間が何十人・何百人も集まって最善の手を検討し抜いて一人の棋士と対戦しているのと似ているかもしれない。, こうした物量的な凄さに直面すると、あたかも第二次世界大戦で日本がアメリカに負けた時に「竹槍で原爆に立ち向かった」的な悲壮感が芽生えて来て、目の前が真っ暗になる、という印象を持つ人も多いのではないかと思う。, しかし逆に言えば、棋士の人たちもこのソフトを手に入れて徹底的に研究したら、まだまだ新しい世界が広がるということではないか。, たとえば、野球のピッチングマシンは、原理的に時速200キロでも300キロでも投げられるし、人間はそのスピードを出すことは不可能だろう。だからといって人間の投手がマシンに負けた、と思う人はいないだろう。, そうではなく、人間の投げるスピードよりも速い球を体感することで、より早い球への対応能力を増す、という方向に使われているだろうと思う。つまりそれは、人間と対決するためのマシンなのではなく、人間の能力を広げるための道具なのだと。人間の処理能力には当然ながら物理的な限界というものはあるだろう。コンピュータはそれを淡々と電気的にこなして行くことが出来る。そこはそう割り切った方が、新しい未来が見えて来るように思う。, また、今起こっていることを逆の面から評価すると、従来の人間の考え方の枠組みというものが、常識とか因襲とかいうものに縛られて来た部分が、いまだにかなり大きいのだということがはしなくも明らかになりつつある典型的な例なのだと思う。, トップ棋士が最新の超高スペックのAIに常識外の手を打たれて敗れるということは、古い伝統を持つゲームというのは、因襲・風習・常識などで染められ、みんな疑わなくなっている部分があり、そこをもっと研究して行けば新しい世界が広がる可能性がある、ということを意味している。最も合理的な手だと思っていたものが、もっと合理的なものがあったのだ。, ということは、囲碁というゲームは従来人間が考えて来たよりさらにずっと深い、底の知れない深淵を湛えているということなのだと思う。アルファ碁はそこへの扉を開いてくれた、ということではないだろうか。, そう考えると、囲碁の世界はおそらく、「アルファ碁以前」と「アルファ碁以後」では全く別の時代になるのではないだろうか。それは全く、日本の1945年の敗戦を区切りにした「戦前」「戦後」くらい違うのではないだろうかと思う。, 私は子どもの頃、父が囲碁をやっていて、それをきっかけに私も囲碁の簡単なルールを覚えた。父に教えられたのと、坂田栄夫名人の初心者向けの本をよく読んだ。それから子供だましのレベルで囲碁を打っていて、井目なら必ず父に勝つくらいのところまでは行ったのだが、唯一の相手であった父が囲碁をやめ、プロの世界でも日本棋院がごたごたがあって興味を失ってしまった。, しかしいまアルファ碁の話を読むと、囲碁への関心が別の形で蘇って、ちょっと血湧き肉踊る感じがある。, 私は結局、定石が覚えられなかった。詰め碁なら理屈で理解出来るからいいのだけど、定石というものは何故それが合理的なのかが分からない、というか完全には納得出来ない。とにかくまず覚えなければいけないもの、という印象で、それが苦痛だった。理屈が分からないものが苦手だったと言うのは、英文法が苦手だったのと似ている。英文法はそれでも人間が決めたルールだから絶対のものではないがそのルールを守らなければ話が伝わらないし、案外論理的に出来ているということを理解してからは勉強する気になったけれども、それを納得するまでにはかなり時間がかかった。, アルファ碁が定石外の手を打って世界最強の棋士に勝つとなんかすっとするのは、私が定石を覚えられなかったからかもしれないとも思う。あの時覚えられなかった定石よりももっと合理的な手が存在するんだ、と思うとちょっとすっとするのだ。, そういう意味では凄く面白いことが起こっている。囲碁というものの新しい面白さが生まれつつある、とも言えるのではないか。, 数学や物理の研究にAIを導入しても誰も不審に思わないのに、囲碁の研究だとこの世の終わりみたいに言うのは、もう時代が違うのではないかという気がする。囲碁は勝ち負けがあるから熱くなってしまうが、研究だと思えば冷静に判断出来るだろう。, 人間が機械に負けた、と嘆くのか、人間がさらに道を究める新しいツールを手に入れた、と考えるのか。, であるならば、きっと囲碁はこれからもっと面白く、人間の思考を広げて行くゲームになっていくのではないだろうか、と思う。, 新しい時代が始まる、というのはこういうことなのだろうと思う。そういう現場に立ち会えたことこそが、最も血をたぎらせる、今起きている現実なのではないだろうか。. 2016年1月27日 Nature誌でコンピュータが囲碁のプロ棋士を倒したと発表!, 2016年2月11日 アルファ碁とイ・セドル9段の対局を「YouTube」で生中継配信へ, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E4%B8%96%E3%83%89%E3%83%AB. 動画配信サイトyoutubeにて生中継される, 『アルファ碁は進化を続けているようだ。緊張する。』 アルファ碁、世界ランキング2位, 韓国のイ・セドル9段は反日活動家で有名な『キム・ジャンフン』と協力し、日本と韓国の領土問題となっている竹島で囲碁イベントを開催することを発表しました。, 色々と衝撃的な3月9~15日までの一週間でした。普段、棋譜とかあまり見ないような私でも、何度も何度もみかえしてしまいましたよ。, あれからもう2か月以上たちました。アルファ碁の続編がきませんね~。さすがに世界ランキング1位になるのはまずいと考えているのでしょうかね~? いや、ここまで来たらもう最後までやりきっていただく方が、こちらとしてもスッキリするのですが・・・。. 豪快な碁風で多くの棋士達に尊敬されていた先生と、真剣に囲碁の話をさせて頂いた話、 ... アルファ碁が出現していなければ、その理論は変わるはずもなかったと思います。 ... と思いましたが、アマチュアの皆さんからも、反応があることが分かりました 米Googleの人工知能(AI)部門DeepMindが開発する「AlphaGo」(アルファ碁)が3月15日、李世ドル九段との5 ... 日本のプロ棋士や開発者の反応を追った Amazon.com で、棋士とAI――アルファ碁から始まった未来 (岩波新書) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 2016年3月の9、10、12、13、15日の5日間 このため,プロの囲碁棋士を破るの はまだ 10 年はかかるのではないか,と予測されてい た。それが,意外にも早い時期にプロ棋士を破ってし まい,ai が脅威的な進歩をしたことが証明された。 また,「アルファ碁」がプロ棋士を負かしたニュース 結果にかかわらず5日間5局行われる 対局前の2ちゃんの反応.

フロントフォーク メンテナンス 自転車, Mac 外付け Hdd アクセス権, Ledシーリングライト 6畳 和室, スプレッドシート 動画 埋め込み, Windows10 パスワード変更 通知, 赤ちゃん お出かけ 持ち物 一歳, 京都市立芸術大学 入試 実技,

新着記事

太陽光アンバサダーご紹介

カテゴリー

●太陽光アンバサダー募集中!

team@solar-ambassador.com