宮部みゆき おすすめ ドラマ

2020.12.11
宮部みゆき おすすめ ドラマ

こんにちは、ブクログ通信です。 宮部みゆきさんはol、法律事務所勤務などを経て、1987年に『我らが隣人の犯罪』でデビューしました。1993年に多重債務問題をテーマにした『火車』で山本周五郎賞を受賞し、社会的にも大きな注目を集めます。その後 宮部みゆき プロフィール. 2011年(平成23年)11月5日の21:00〜23:11に「宮部みゆき原作 ドラマスペシャル『火車』」として放送された。製作局は1994年(平成6年)版と同じテレビ朝日。 【ホンシェルジュ】 本に親しみのない方でもこの作家の名前を目にしたことはあるのではないでしょうか?日本を代表する作家としてミステリー、ファンタジー、ホラー、時代小説とジャンルを問わず30年近く活躍し続けている作家・宮部みゆきの文庫作品15選をご紹介します。 山本周五郎賞受賞。宮部みゆきの真骨頂が存分に発揮された社会派ミステリーです。 1992年の時点でクレジットカード破産を扱い、社会に対して鋭い目を向けた重厚な作品に仕上がっています。 先日再読したのですが、今読んでみても色褪せないストーリーは、1位に推すのに充分なほどの説得力がありました。 Audible版もあります。 最初の一冊が無料になる、Audibleの詳しい解説は以下の記事を確認ください。 関連記事>Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介 著者「宮部みゆき」のおすすめランキングです。宮部みゆきのおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:宮部 みゆき(みやべ みゆき)1960年、東京都生まれ。1… 宮部みゆき作品はドラマ化された作品が数多くあります。原作とは異なる雰囲気で楽しめる作品を、放送順に紹介していきます! 宮部みゆきのドラマ化作品一覧 1.『魔術はささやく』 (1990年:日本テレビ) 山口智子、吉岡秀隆主演のドラマ化作品。 宮部 みゆきのおすすめ作品一覧. Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. 独断と偏見に満ちたランキング。強引にランクをつけるとこうなりました。おそらく読む順番にかなり影響されているようですが、気にしません。随時更新中。 … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 荒川区にそびえ立つ超高層マンションで起こった4人の男女の惨殺事件の謎を解き明かしていく。, 殺された彼の父である諸岡三郎(石黒賢)から、もうひとりの息子である弟の進也(中村蒼)の捜索を頼まれていた探偵事務所の加代子(加藤ローサ)は、進也にかけられた兄殺しの容疑を晴らすべく、所長である父・浩一郎(宅麻伸)、愛犬のマサと真相の究明に乗り出す。, 時を同じくして、巨大製薬会社である三友製薬内でも事件が起きていた…。徐々に繋がりを見せる2つの事件…。, 『世にも奇妙な物語』の特別編として2時間半枠で放映。宮部みゆき原作は「燔祭」(『鳩笛草』収録)で、主演は香川照之、広末涼子。, 「日本推理サスペンス大賞」を受賞し、彼女の初期の傑作と名高いサスペンスを、木村佳乃、中村蒼、小池栄子、原田美枝子、奥田瑛二ら、演技派の豪華キャストで待望のドラマ化!, 宮部みゆき原作の同名小説を上川隆也主演でTVドラマ化したホームコメディミステリーのBOX。, 凄腕の怪盗“俺”はある日空き巣に失敗し、その一部始終を見られた双子の兄弟の父親代わりをするハメになる。全11話と主要キャストインタビューほかを収録。, 宮部みゆきの代表作の一つで、1998年に第120回直木賞を受賞した長編小説「理由」。. 今回は、人気作家「宮部みゆき」さんのおすすめ小説をランキングでまとめてみました!宮部みゆきさんと言えば、『誰か』の杉村三郎シリーズを始め『理由』や『模倣犯』などの本格ミステリで有名な作家さんになります。また、無類のゲーム好きでも知られ、宮部 宮部みゆき作品はドラマ化された作品が数多くあります。原作とは異なる雰囲気で楽しめる作品を、放送順に紹介していきます!, 山口智子、吉岡秀隆主演のドラマ化作品。「火曜サスペンス劇場・春のスペシャル」(30分延長版)として放送。. 2020年最新版の宮部みゆきの小説おすすめ15選を紹介します。宮部みゆきはサスペンスからホラー、ミステリーそしてエッセイなど幅広いジャンルを執筆している直木賞受賞作家です。アンケートを基にした宮部みゆき小説の人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。 宮部さんはさほど敷居が高い作家ではないのでどの作品から読み進めてもよいのですが、もしまだ一冊も宮部さんを読んだことがない方であれば、読みやすい短編集で、なおかつ軽妙さが際立つ『我らが隣人の犯罪』をオススメします。明るい作品を読みたい方、読書時間がさほどないかたには特にオススメです。表題にもなった収録作「我らが隣人の犯罪」は、宮部さんの記念すべきデビュー作で(単行本デビュー作は『パーフ… 「宮部みゆき・4週連続 “極上”ミステリー」の第4週目作品として放映。玉木宏主演。, 宮部みゆきの同名長編小説とその続編「心とろかすような-マサの事件簿」を映像化したTVドラマシリーズのBOX。, 正義感の強い新米女性探偵・加代子が、冷静沈着な元警察犬・マサと共に、7年前に自殺した父の死の真相に迫る。全11話を収録。, 宮部みゆき原作の傑作ミステリーシリーズ「誰か somebody」「名もなき毒」をTVドラマ化したBOX。, “日常に潜む毒”や“毒の連鎖”が生んだ事件を主人公・杉村三郎が明らかにし、その中で様々な人間ドラマが描かれる。主演は小泉孝太郎。全11話を収録。, お人よしでからきし弱い笙之介と、彼が一目ぼれする和香、そして、人情豊かな町人たちが繰り広げる恋と謎解き。「家族の意味」を問う物語。, ある日の取材の帰り、杉村はバスジャック事件に遭遇する。そのバスジャックをきっかけに、殺人や詐欺事件など、物語は二転三転し、思いも寄らない展開を見せる。全11話を収録。, 時は江戸時代、おちかは実家で起きた殺人事件をきっかけに、他人に心を閉し、叔父が構える袋物屋に身を寄せ、黙々と働く日々を過ごしていたが…。, 同級生の死の真相を突き止めるため、校内裁判を行う高校生たちの姿を、複雑な心理描写と緊迫感の中に描く。チャン・ドンユンら注目の若手俳優が共演。, 宮部みゆきが「模倣犯」から9年後の世界を描いたベストセラーを、仲間由紀恵主演でドラマ化。, ライターの前畑滋子が、殺害した娘の遺体を16年間床下に隠していた夫妻の事件の真相に迫っていく。全6話を収録。, ドラマ化するということは、原作の質も高いということ。原作とドラマ化作品、その両方を楽しむことで、宮部みゆき作品をしっかりと味わいましょう。, なお、これまで紹介してきたとおり、宮部みゆきさんの作品はAudibleでも読むこと(聴くこと)ができます。最初の一冊は無料で利用できますので、この機会に試してみてはいかがでしょう。, 関連記事>Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 小説家として活動するかたわら、小説ならびに創作物(フィクション)の素晴らしさを広めていきたいと思い、このブログを立ち上げました。, https://fictionpot.com/wp-content/uploads/2020/01/fiction-title.jpg, Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介. 宮部みゆきさんは、日本を代表する作家の一人です。その作風は幅広く、小説から絵本までさまざまなジャンルの作品を世に送り出しています。今回は、宮部みゆきさんの作品について、作品ジャンル別に紹介します。宮部みゆきさんの作品に興味がある方はぜひ参考にしてください。 そして、玉木宏、杏、瀧本美織、田中哲司、竜雷太、白井晃、佐野史郎、伊原剛志ら豪華俳優陣が勢ぞろい。彼らの火花散る競演にも注目! 宮部みゆきのおすすめ小説ランキング日本を代表するミステリー作家といえば「宮部みゆき」と答える方も多いのではないでしょうか。しかし、宮部みゆきはミステリーだけじゃないんです。時代小説も、ファンタジーだって書けちゃう!映画やドラマ化されている作 宮部みゆきさんは、日本を代表する作家の一人です。その作風は幅広く、小説から絵本までさまざまなジャンルの作品を世に送り出しています。今回は、宮部みゆきさんの作品について、作品ジャンル別に紹介します。宮部みゆきさんの作品に興味がある方はぜひ参考にしてください。, 宮部みゆきは1960年、東京生まれの作家です。本名は矢部みゆき。1987年「我らが隣人の犯罪」でデビューしました。小説教室で小説の書き方を学んだ経験を活かした、リアルで細やかな描写と安定感のある文章が作風の魅力です。, またさまざまなジャンルを手がけているのも宮部みゆき作品の特徴。推理小説や時代小説、果ては絵本まで執筆しています。そしてそのいずれもが高い評価を得ていることも、宮部みゆきの作品の面白さの証拠と言えるでしょう。, そこで今回は宮部みゆき作品の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。読む順番をこちらで選んでみるのもおすすめですよ。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。, ["https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp\/@0_mall\/bookoffonline\/cabinet\/2112\/0015305035l.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F572378%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F572378%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167549018.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 「我らが隣人の犯罪」は三田村誠という中学1年生の男子を主人公にした作品。三田村誠一家は隣家の犬の鳴き声に悩まされ、とあるワナをしかけます。しかしそれが思いもかけない展開へとつながってしまうというストーリー。, そのほか短編作品を5編収録しています。いずれの作品も読みやすいので、読書の習慣がない方、ゆっくり本を読む時間がとれない方、宮部みゆき作品を初めて読む方におすすめです。, どの作品もどこか落語のような軽快さとオチが用意されているユーモアあふれる1冊で、デビュー作とは思えない完成度を実現しています。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"三田村誠"},{"key":"ページ数","value":"256ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 宮部みゆきのオール読物推理小説新人賞受賞作。宮部作品はその時代の事件を元にしたミステリーが多く裏の心情が細やかに書かれていて 読み終わった時に心安らかになります, 数ある宮部みゆき作品からどの作品を選べば良いのか悩んでいる方に向け、まずは宮部みゆき作品を選ぶ際の選び方についてご紹介していきましょう。以下の選び方を参考に、自分に合った作品を選んでみてくださいね。, 宮部みゆき作品に限ったことではありませんが、作品タイトルから探していると同じタイトルの本が引っかかることがあります。この点に関してはさまざまな理由がありますが、最たるものは「文庫化」です。, 単行本として発売されたのち、人気が高い場合に文庫版として再刊行されることがあります。つまり文庫化されている作品は人気作品ということなので、作品選びに悩んださいはぜひ文庫化されているものから選んでみましょう。, また文庫化にあたって、筆者が新しく書き加えた書き下ろしや新しいあとがきが追加されていることがあります。文庫版の方が安く購入できるというのも大きなメリットですね。, 幅広いジャンルを執筆している宮部みゆき。自分の好みに合致した作品を選びたいのであれば、ジャンルを絞ってみるのもおすすめの選び方です。以下に宮部みゆき作品の代表的なジャンルをまとめました。, 宮部みゆきと言えばミステリー。そのように思っている方も多いことでしょう。実際、幅広いジャンルの執筆を行っている宮部みゆきですが、ミステリーは特に多く執筆しています。, 宮部みゆきのミステリーは登場人物の心理描写が巧みで、物語に引き込まれることが大きな特徴。入り込むことで物語がリアルに感じられることや、伏線の回収の見事さなども評価を受けています。, ミステリーの面白さが凝縮されているので、ミステリーに馴染みのない方でも楽しんで読めるのではないでしょうか。, 宮部みゆき作品の中でミステリーと並んで人気の高いジャンルがサスペンスです。ちなみにミステリーは推理小説全般を指し、サスペンスはハラハラさせる物語という意味合いを含んでいます。, 視点のリアルさと豊富さが生み出すサスペンスは巧みに読者を引き込むので、誰でもドキドキハラハラさせられることでしょう。, サスペンスを含んでいるミステリー作品も宮部みゆき作品の特徴ですが、特にドキドキして読みたい、という方はサスペンス要素の高い小説を読んでみてはいかがでしょうか。, 一般的な宮部みゆきのイメージとは異なる魅力に触れたい、という方には時代小説がおすすめ。時代小説の中でもジャンルは分かれますが、ミステリーやファンタジー、人情などが、時代背景に沿った形で展開されていきます。, 時代小説は現代とは異なる時代背景だからこそできる表現が楽しめるため、普段現代小説を多く読んでいるという方にとっては新鮮な気持ちで楽しめる作品です。, 出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com, 小説で名を馳せている宮部みゆきですが、実はエッセイも執筆しています。小説よりも数は少ないながら、宮部みゆきのファンとしては彼女をより身近に感じられるためフィクション作品と同じくらい愛している方も。, エッセイは基本的に刺激が少なく、軽い気持ちで読むことができるので読書をする時間があまりとれないという方にも適しています。小説のようにストーリーを追うために集中する必要がないため、手の空いた時間にさっと読むことができます。, また、一度ならずとも宮部みゆき作品を読んだことがあるという方であれば、宮部みゆき作品の面白さの根底を探るという意味でも楽しんで読めるのではないでしょうか。, 意外に思われるかもしれませんが、宮部みゆきは絵本の執筆も行っています。おばけをテーマとした作品が多く、読む人を選ぶかもしれませんが、話題になったこともあり、こちらも多くのファンを獲得しています。, ちなみに宮部みゆきの執筆する絵本は対象年齢である子どもにとってはやや刺激が強すぎるかもしれません。昔話のような定番の怖さとは異なる、現代の怖い話を目指したと本人が語っていることもあり、その怖さはリアル。, また子ども向けながらも、子どもの心に直接問いかけるような迫力があるため大人でも怖さを感じてしまいます。お子さんが居るご家庭の方は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。, 宮部みゆきというと推理小説やサスペンスというイメージが強い方は多いのではないでしょうか。これらの作品も現代を舞台とした作品であるため、現代小説という分類をすることができます。, しかし宮部みゆきの作品の中には、サスペンスやミステリーとは異なる現代小説も。日常生活の中に潜む孤独を描いた作品や、ミステリーでもライトノベルのような軽いものもあります。, ライトな現代小説は普段小説をあまり読まないという方でも手に取りやすい作品なので、初めて宮部みゆき作品を手に取る方にはちょうど良いかもしれません。, 宮部みゆきは2000年の第1回時から第3回までホラーサスペンス対象の審査員を務めたという実績があります。, ホラー作品、怪談話的な作品も執筆していますが、宮部みゆきの圧倒的な筆力から繰り広げられるホラーはどこか身近で背筋がぞくっとしてしまいます。, ホラー好きならば確実に楽しめる作品ですし、怖さの中に切なさを感じる作品もあるので普段読む作品とは異なる雰囲気を楽しみたいという方にもおすすめです。, 長編よりももっと深く作品に触れていたい、という方にはシリーズ作品がおすすめです。宮部みゆきは多くのシリーズ作品を世に出しています。, 警察犬「マサ」が登場するシリーズや、「ぼんくら」シリーズ、「島崎君」シリーズなど、いずれも多くのファンを獲得している名作です。, 基本的にシリーズ作品は1巻から読み始めるのがおすすめですが、途中から読んでも登場人物などの紹介をしてくれていることが多いので、巻数を気にせず気になる作品はどんどん読んでみましょう。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51hj6iA4cCL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F815920%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F815920%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062632853.html"}], 中学生の双子の兄弟が住む家に、ある日プロの泥棒が落ちてきたことをきっかけに3人で生活する様子が描かれたライトなミステリー作品。, 宮部みゆき作品としては珍しい、ライトなタッチで描かれていることが特徴で、事件は起きるものの、全編を通してコメディ色も強め。楽しく読める作品です。, 2012年にはTBS系でドラマ化もされており、ステップファザー契約を楽しく映像化しました。小説を読んで楽しかったらドラマもぜひ触れてみてくださいね。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"泥棒"},{"key":"ページ数","value":"362ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51LReGdg-ZL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11426003%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11426003%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167549093.html"}], 「名もなき毒」は宮部みゆき作品の中でも人気の高い杉村三郎シリーズの2作品目。2007年には吉川英治賞を受賞しました。, トラブルメーカーとして解雇されたアルバイト女性との連絡窓口となった杉村三郎と、同時期に起きた無差別連続毒殺事件を描いています。, タイトルの「毒」は殺人に用いられた青酸カリだけではなく、社会悪を示しており、壮大なストーリー性は読むものを強く惹きつけて止みません。読後はすっきり感よりも虚無感が大きい作品ですが、それもまた名作であることの証と言えるでしょう。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"杉村三郎"},{"key":"ページ数","value":"608ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], 「悪意」を描くのが本当にうまいな~と思う。本当の悪意を持つ人間について変に結局「いい話」にまとめないところがいいなぁ…と。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51FNYgFYZNL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11726156%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11726156%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-410136933x.html"}], 「英雄の書」は上下巻に分かれた壮大なファンタジー作品です。小学5年生の森崎友理子が、同級生を殺傷して失踪した兄の身を案じ、英雄が封印されていた無名の地へ果敢にも旅たつというストーリー。, 舞台背景はファンタジーながらもどこかリアルな部分もあり、それが心に重くのしかかるような息苦しさを感じさせます。, 世界観がやや難しく、入り込むのに時間はかかるかもしれませんが、一度入り込むと何度でも読み返したくなるような不思議な魅力を持つ作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"ファンタジー"},{"key":"主人公","value":"森崎友理子"},{"key":"ページ数","value":"431ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 最初の頁は意味が分からず、何度も目をとおしましたが、理解できず、ええい!と本文を読み始めました。すると、久しぶりに強烈に引き込まれていきました。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41zRA7zEOBL._SX337_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11231357%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11231357%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4334749690.html"}], 古びたウサギの着ぐるみを、大学生の「わたし」がかぶり中から外を覗くと、周囲がぬいぐるみやロボットに変化して見えるという表題作「チヨ子」を含む5編を収録した短編集です。, 全編通して超常現象をテーマとしており、不思議で少しだけ怖い作品集。怖いホラーが苦手という方でも読みやすい作品集でしょう。, 宮部みゆきならではの人間の心の闇を描いた作品や物悲しさを感じる話など、短いながらも読み応えは十分。短編集なので空いた時間に読み進められるのも魅力ですね。, [{"key":"ジャンル","value":"ホラー&ファンタジー"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"244ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51PcD1KmlnL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4002587%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4002587%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4043611110.html"}], ファンタジー作品も人気の高い宮部みゆきですが、数あるファンタジーの中でもとりわけ人気が高いのが「ブレイブ・ストーリー」です。, テレビゲームが好きな小学5年生の三谷亘が、バラバラになった家族を取り戻すため、自分と母の運命を帰るために異世界へ冒険に向かうというストーリー。, ゲームが好きな宮部みゆきらしい、ゲームのような世界観と綿密に練られたストーリーはまさに圧巻。上、中、下巻の長編作品ですが、ぐいぐい読み進めてしまいます。, [{"key":"ジャンル","value":"ファンタジー"},{"key":"主人公","value":"三谷亘"},{"key":"ページ数","value":"468ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"アニメ映画、漫画、ゲーム"}], 子供向けにロールプレイング風に書いた作品と思ってましたが以外でした。子供が読むとそのまま不幸を背負った少年の冒険成長物語ですが 大人目線で読むと結構コタエます。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51N9MR566VL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F705131%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F705131%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784101369143.html"}], 嵐の晩に車を走らせていた雑誌記者の高坂昭吾は、人の心理を読み取る能力を持つ少年と出会います。そして少年の能力を証明するように、事件の真相を追求することになるのでした。, 宮部みゆき作品にしばしば登場する、超能力を扱った作品です。しかし、超能力の特別さを描くのではなく、人とは異なる力を持ちながらも普通の人間として年齢相応に思い悩むありのままの姿が描かれています。, SFミステリーですが、舞台が現代社会なので入り込みやすく、現代だからこその超能力との向き合い方が描かれたストーリー性は多くの人間を引き込むことでしょう。, [{"key":"ジャンル","value":"SFミステリー"},{"key":"主人公","value":"高坂昭吾"},{"key":"ページ数","value":"626ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], 先が気になって気になって、一気に読んでしまいました。あれこれ想像をしながら読みましたが、なるほどそう来たか、って感じ。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51L7eGupACL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1446614%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F1446614%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4043611013.html"}], 中学1年生の「僕」と親友の「島崎君」が事件の真相究明に乗り出す、人気の島崎君シリーズ記念すべき第1作目が「今夜は眠れない」です。, 主人公の母に謎の人物から5億円もの大金が遺贈されたことで生活が一変し、家族の絆を取り戻すために真相を探るというストーリー。, ミステリーではありますが、比較的ライトで読みやすく、ミステリーをあまり読まないという方にも読みやすい作品です。約20年も前の作品ながら古さを感じさせないのも宮部みゆき作品の魅力でしょう。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"288ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 軽く読める作品ですが、作品に引き込まれて一気に読めてしまうところは宮部作品共通ですね。子供にも勧めてみようと思う作品で、幅が広い作家だと再認識しました。, ["https:\/\/item-shopping.c.yimg.jp\/i\/n\/boox_bk-4167549026"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F771323%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F771323%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167549026.html"}], 勤め先の小学校で「あそぼ」とささやく子どもの幻と出会った女性教師。そんな折、プールに変死体が現れてという、表題作「とり残されて」を含む7編を収録した短編集です。, 超常現象を題材にした作品集でどの話もそれぞれに工夫を凝らされているため、違った感覚で読むことができます。読後に残る印象もそれぞれ異なっており、宮部みゆきの幅の広さを存分に味わうにはもってこいの1冊。, 狂気と現実の間を描いた作品として、ファンの間でも名作と名高い作品です。初期作品なので、初めて宮部みゆき作品を読むという方にも適しているかもしれません。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"368ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 表紙の絵は怖いですが、全編不思議系の短篇集です。とくに「たった一人」はよかったです。お勧めです。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51NsXTw-EoL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16074175%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16074175%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4488411037.html"}], 「パーフェクト・ブルー」は宮部みゆきの長編デビュー作。元警察犬のマサの視点で物語が進みます。この元警察犬マサはシリーズ化されており、人気の作品です。, 犬の視点で物語が進む、という斬新なストーリーながら軸はしっかりとミステリーなので、ミステリー好きな方で、ミステリー初心者の方でも楽しめる1冊。, 長編デビュー作とは思えないほどの安定感を発揮している作品で、宮部みゆきのファンでなくても読んで損はありません。テレビドラマ化もされているので、気になる方はそちらもチェックするとより楽しめますよ。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"マサ"},{"key":"ページ数","value":"384ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], 犬のマサからの視点で色々な事件を見てるので、作者の発想は面白いな~と思いながらサクサク読みました。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51YvkFNHVtL._SX358_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5195400%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F5195400%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbooks-ogaki%2F9784167549060.html"}], 「誰か Somebody」は「模倣犯」以来2年ぶりとなる現代ミステリー小説で、杉村三郎シリーズの第1作目です。, 恋人との結婚にあたり、今多コンツェルンに勤めることになった主人公が事件に巻き込まれていくというストーリー。宮部みゆきが稀代のストーリーテラーと呼ばれる所以を感じられる1冊です。, 後味が悪いという評判ながら、そこを評価する声が高いのがこの作品の特徴。人間の悪意を描いた作品が好きな方に特におすすめしたい名作です。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"杉村三郎"},{"key":"ページ数","value":"480ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 内容はそんなにドキドキするような流れのものではないんだけど、さすが宮部みゆきさん!という感じ、もう読み始めたところから、ぐいぐい引き込まれていきました。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51V6N0Y39SL._SX332_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F944645%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F944645%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101369186.html"}], 数ある宮部みゆき作品の中でも最も多くの人に支持されている傑作が「火車」です。山本周五郎賞受賞、平成20年「このミステリーがすごい」1位受賞など、その面白さは折り紙つき。, 休職中の元刑事が知人から婚約者の捜索を依頼されたことから始まる物語で、カード会社や自己破産といった現代の問題を扱っています。, テレビドラマ化のほか、韓国では映画化もされており、「火車」の面白さが国境を越えて伝わりました。長編ということが気にならなければ、ぜひ読んで欲しい作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"ミステリー"},{"key":"主人公","value":"本間俊介"},{"key":"ページ数","value":"696ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ、映画"}], 90年代初頭の作品です。タイトルの通り、借金にまつわるミステリーですが、カード社会の警笛を鳴らしつつ、誰もが自己破産の可能性を秘めているんだということを改めて感じさせてくれます。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51nyA8sokSL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6302870%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6302870%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4167549077.html"}], 「楽園」は宮部みゆきの代表作のひとつである「模倣犯」の登場人物、前畑滋子を主人公としたスピンオフ作品。「模倣犯」から9年、事件のダメージから立ち直れない主人公が新たな事件に巻き込まれていくストーリーです。, 扱いとしては「模倣犯」の続編ですが、直接的には関係がないため「模倣犯」を未読でも十分楽しめる内容。ストーリーが複合しながら最後に収束するという宮部みゆきならではの手法が光ります。, 現代風のサスペンスファンタジーですが、どこか怪奇小説のような雰囲気が漂う独特の小説で、人間が持つ現実の姿を見せつける1冊です。, [{"key":"ジャンル","value":"サスペンス"},{"key":"主人公","value":"前畑滋子"},{"key":"ページ数","value":"512ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], 模倣犯を読んでから数年経って、この作品に出合って、感動的でした。悲しいけれどあたたかさの残る作品です。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51YQYcTEHrL._SX337_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11231358%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11231358%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4334749704.html"}], 「スナーク狩り」は元恋人へ復讐をしようとする女と、彼女が持つ銃を手に入れ「人に言えぬ目的」を果たそうとする男の物語。運命が一夜の高速道路を疾走するストーリーで、スピード感のある作品です。, 登場人物を丁寧に描きながらも疾走感のあるストーリーはスリル感満点。一度読み始めると最後まで読まずにはいられません。, ちなみにタイトルの「スナーク」はルイス・キャロルの散文に登場する怪物で、この怪物を退治すようと追う狩人がいつしか殺すことに支配される、という内容が物語に上手く絡んでいます。, [{"key":"ジャンル","value":"サスペンス"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"405ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], 時代を先取りした恐怖、人の心の闇を描いた改訂版携帯、ITが無い時代の作品、でも怖さ、面白さは変わらない。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/91TOndLGFkL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F2832692%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhmvjapan%2F2832692%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101369127.html"}], 「レベル7まで行ったら戻れない」という謎の言葉を残して失踪した女子高生と、記憶を失って目覚めた男女の腕に浮かび上がる「Level7」の文字。女子高生の行方と自分たちの正体を探る追跡は交錯し、やがて事件へと結びついていくというストーリー。, 2つの物語が同時に進行しながら、それがやがて結びついていくという物語と、繰り返されていくどんでん返しが特徴のサスペンスミステリーです。伏線を回収する手腕は見事としか言いようがありません。, サスペンス好きな方でなくても楽しめる作品なので、どんでん返しの話が好きな方はぜひ読んでみてください。, [{"key":"ジャンル","value":"サスペンス"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"784ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], ぐぐぐと引き込まれてもう一気に読んじゃうおもしろさ。宮部作品を読むといつも思うことですが人間ってコワイ。でも、救いがあります。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51H2FWFBQ4L._SX342_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3687259%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F3687259%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101369240.html"}], 「模倣犯」は第55回毎日出版文化賞特別賞受賞、2002年芸術選奨文部科学大臣賞文学部門受賞した、言わずと知れた宮部みゆきの代表作です。, 天才を自称する犯罪者の暴走を、犯罪被害者と加害者双方の視点から掘り下げています。犯罪被害者や加害者の家族が味わう地獄をリアルに描いていることが大きな特徴で、リアルな恐怖感は多くの読者に衝撃を与えました。, 2002年には中居正広さん主演で映画化もされ、こちらも第57回毎日映画コンクール日本映画ファン賞受賞など、輝かしい功績を残しています。, [{"key":"ジャンル","value":"サスペンス"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"584ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"映画、テレビドラマ"}], 全部で五部作ありますが、この一部目をもとに今後の後編でいろんな視点から進行されていくため、一部目はじっくり読むことをオススメします。読み応えのある考えさせられる作品です。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61tLuOQAvNL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12880154%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12880154%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fbookfan%2Fbk-4101369364.html"}], 「ソロモンの偽証」は転落した同級生の死について校内裁判で真相を追求していくという物語。原稿用紙にして4700枚分もの量を持つ、非常に長く重厚な作品です。, たくさんの文章を費やして描写される心理描写は非常に巧みで、この描写が功を奏して物語に強く引き込まれます。, 2015年には「前篇・事件」「後篇・裁判」という2部作で映画が公開。第40回報知映画賞と日刊スポーツ映画大賞で作品賞を受賞するなど、高い評価を受けました。, [{"key":"ジャンル","value":"サスペンスミステリー"},{"key":"主人公","value":"藤野涼子"},{"key":"ページ数","value":"515ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"映画、テレビドラマ"}], ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/510Y8DZJQ1L._SX330_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101369194%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4101369194%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101369194.html"}], 「幻色江戸ごよみ」は不器量で大女のお信が美男子に見初められた恐ろしい理由や、迷子にまつわる不思議な物語など、下町の人情と怪異を12編収録した短編集です。, 全編通して時代小説ですが、怪奇を軸としたものであったり、ミステリー、果ては社会派の物語まで、内容はさまざま。庶民の苦しみや哀しさを繊細に描写しています。, 怪異が登場する話ではありますが、ホラーというよりも人情をメインに据えているため、恐ろしさはありません。短編集なので、時代小説に慣れていない方でも読みやすい作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"時代小説"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"386ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 宮部みゆきさんのファンで特に時代モノが好きです。この時代の市井の日常が描かれていておもしろい。切ないだけでなく凛として生きる人々が素晴らしい。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/513SR38K7DL._SX330_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F748309%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F748309%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101369151.html"}], 「本所深川ふしぎ草紙」は第13回吉川英治文学新人賞を受賞した短編集です。下町の人情世界を描いた7編を収録しています。, 七不思議を題材にしてはいますが、一般的な怪異というよりも人の心の中の怪異を描いており、時代を超えた恐怖を感じます。, ミステリーと人情話の融合とも言うべき挑戦的な内容ですが、安定感のある面白さに魅了され、あっという間に読了してしまう1冊です。, [{"key":"ジャンル","value":"時代小説"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"294"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 上手い。特に「片葉の芦」という短編が素晴らしいです。涙。これから、何度も読み返すことになりそう。登場人物たちに愛着が湧きました。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51zPv9GJpxL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16111359%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16111359%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4101369453.html"}], 「この世の春」は北見家の六代藩主である重興の別邸にやってきた各務多紀が、重興に何があったのかという事件を解明していくという歴史ミステリー小説です。, さまざまな人間が重興を救おうとする中で、彼の身に何があったのかがひとつひとつ糸が解けるように明かされていきます。この壮大で綿密に練られたストーリーはまさに圧巻の一言。, 謎解きの面白さと登場人物の背景など、現代に置き換えても通じる部分があり、多角的に楽しめる1冊です。, [{"key":"ジャンル","value":"時代小説"},{"key":"主人公","value":"各務多紀"},{"key":"ページ数","value":"336ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 面白いです。 展開は相変わらず意外で、途中に珍しい怖い場面も数度あり、どんどん引き込まれていく感じでした。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41Y4PE3MTQL._SX334_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4062747529%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbooxstore%2Fbk-4062747529%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4062747510.html"}], 「ぼんくら」は「面倒くさい」が口癖のぼんくら同心が事件に巻き込まれ、解決のために動くというストーリーの時代ミステリー小説です。, 非常にキャラの立った登場人物が物語を進めていく様子は非常に面白く、時代小説に慣れていない方でも取り込まれてどんどん読みすすめてしまいます。, 宮部みゆきの時代小説の中でも人気が高くシリーズ化もされており、続編も非常に好評。時代ものに苦手意識がある方でも読みやすい作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"時代ミステリー"},{"key":"主人公","value":"平四郎"},{"key":"ページ数","value":"336ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"ラジオドラマ、テレビドラマ"}], とても面白く楽しくすらすら読めました。人間味溢れる登場人物にすぐに引き込まれていきます。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ZDD8srcFL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11669185%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11669185%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784041002810.html"}], 「おそろし」は宮部みゆきの人気時代小説「三島屋変調百物語」シリーズの記念すべき第1弾です。, ある事件をきっかけに心を閉ざした三島屋に身を寄せる少女おちかが、三島屋に訪れる人の話を聞くうちに心を溶かしていくという人情物語。, 宮部みゆきらしい人間の感情を深く掘り下げた話で、非常に美しい日本語で綴られているのもおすすめのポイント。ぜひシリーズを順番に読んで欲しい作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"時代小説"},{"key":"主人公","value":"おちか"},{"key":"ページ数","value":"496ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"テレビドラマ化"}], とにかく最初から引き込まれます 一話完結の展開ですが 少しづつ周りの関係が広まります一話終わる度じっくりと考えさせられ 気付くと次の話が楽しみになります, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61E869G00SL._SX330_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B9%25B3%25E6%2588%2590%25E3%2581%258A%25E5%25BE%2592%25E6%25AD%25A9%25E3%2580%2580%25E5%25AE%25AE%25E9%2583%25A8%25E3%2581%25BF%25E3%2582%2586%25E3%2581%258D%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25B9%25B3%25E6%2588%2590%25E3%2581%258A%25E5%25BE%2592%25E6%25AD%25A9%25E3%2580%2580%25E5%25AE%25AE%25E9%2583%25A8%25E3%2581%25BF%25E3%2582%2586%25E3%2581%258D%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25B9%25B3%25E6%2588%2590%25E3%2581%258A%25E5%25BE%2592%25E6%25AD%25A9%25E6%2597%25A5%25E8%25A8%2598%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 「平成お徒歩日記」は赤穂浪士がたどった道や箱根越え、お伊勢参り、罪人引き廻しのルートなどを宮部みゆきが歩いて渡った珍道中記です。, 主人公の表記は「ミヤベミユキ」で、彼女が歩いた道を彼女の人柄に触れながら追うような感覚が楽しめる1冊。現代の中に江戸の風情を感じようとする様子は読んでいるうちに自らも東京を旅したくなります。, [{"key":"ジャンル","value":"エッセイ"},{"key":"主人公","value":"ミヤベミユキ"},{"key":"ページ数","value":"275"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 本所の吉良屋敷跡や鈴ヶ森、それに箱根などを歩いて、今のない江戸の風情を感じようとします。東京の地理を理解していると更に楽しめると思います。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31-6dW6Z5NL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15636729%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15636729%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4103750154.html"}], 「宮部みゆき全一冊」は長年単行本に収録されなかった幻の短編小説3本に加え、未収録のエッセイ15本、対談、インタビューなどをまとめたタイトル通りの作品です。, また宮部みゆき本人による自作の朗読CDまで付属しており、作者みずから朗読という貴重な音源を楽しめます。, 宮部みゆきの作品だけではなく、著者にも心惹かれている方にとっては必読とも言える1冊です。, [{"key":"ジャンル","value":"エッセイ、短編小説"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"224ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], ろんなジャンルでどれも面白くはずれがない宮部さんという印象を持っています。その秘密が少しわかる気がしました。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/517HRCqHY5L._SX373_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14493092%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14493092%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fboox%2Fbk-4041040612.html"}], 「ヨーレのクマー」は宮部みゆきの「悲嘆の門」作中の登場する架空の絵本を宮部みゆき本人が実際に現実化した作品です。, 透明でたったひとりで頑張る心やさしいクマーを主人公に展開されるやさしくて悲しい物語は、子どもだけではなく、大人の心にも強く訴えかけてきます。, 絵本ということで宮部みゆきらしさは半減なのかと思いきや、最後にびっくりする展開を用意しているのはさすが稀代のストーリーテラー。「悲嘆の門」を未読の方でも楽しめる1冊ですよ。, [{"key":"ジャンル","value":"絵本"},{"key":"主人公","value":"クマー"},{"key":"ページ数","value":"32ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 汚れなき心のように美しい風景の北欧が舞台。それが町を救ったクマーとヨーレの人々とのすれ違いを印象深いものにしてます。, ["https:\/\/images-na.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51T-q4PpNqL._SX361_BO1,204,203,200_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11378307%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F11378307%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhonyaclubbook%2F9784265079513.html"}], 「悪い本」は「この世でいちばん悪い本」というキャッチコピーが目を引く、子ども向けの絵本です。, 一応は子ども向けなのですが、挿絵も内容も子どもにはやや刺激が強め。もちろん、子どもがこの絵本から吸収できる学びはありますが、どちらかというと大人の方がぎくっとしてしまうかもしれません。, 作品自体は言葉が持つ力の凄さと、誰しもが持つ悪さを見せられるような内容。心に住む悪を見つめ直す良い機会と思ってぜひ読んで欲しい作品です。, [{"key":"ジャンル","value":"絵本"},{"key":"主人公","value":"-"},{"key":"ページ数","value":"32ページ"},{"key":"メディアミックス","value":"-"}], 宮部みゆきの小説を読んだことがなくても、映像化された作品を見たことがあるという方は多いかもしれません。, 宮部みゆきは作家歴が長く、さまざまなジャンルの小説を発表しているためどれから読むか悩んでしまう方も少なくないでしょう。そんな方は映像化された作品の原作を読んでみるのがおすすめです。, 映像化された作品であれば、文章とは別に映像で物語を確認することができるため、作品をより深く楽しめます。またあえて小説との相違点を作っている映像作品もあるので、その点を比べながら読んでみるのもとても楽しいですよ。, 以下のサイトで宮部みゆきの映像化作品をまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。, 最後まで見逃すな! 超人気作家「宮部みゆき」原作邦画5選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ - TSUTAYA/ツタヤ, 宮部みゆき作品が好きで、ほぼ読んでいるという方であればきっと好みに合致するであろう作家を以下にご紹介します。未読であればぜひ読んでみてください。, 湊かなえは読後に妙な後味の悪さが残ることが特徴的な作家です。もちろん、爽やかな作品もありますが、その独自の世界観は多くのファンを魅了しています。, デビュー作が映画化されているということからも世間からの注目度が高いことがうかがえますよね。宮部みゆきさんの作風と共通する部分もあるので、宮部みゆきファンであれば楽しんで読めるのではないでしょうか。, 以下の記事では湊かなえについて詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。, 辻村深月は心理描写が巧みな作家で、透明感のある文章が評価されています。基本的にはハッピーエンドが多いので、後味の悪い作品が苦手という方に適しているでしょう。, 辻村深月作品は独特の孤独感を丁寧に描写したものが多く、同じ孤独感を抱える若い世代から絶大な支持を得ています。心の隙間を埋めてくれるような温かみは辻村深月作品ならではの特徴でしょう。, そんな辻村深月について以下の記事でご紹介しています。気になる方はぜひ読んでみてください。, 【2020年最新】イヤミス作家・辻村深月のおすすめ人気ランキング10選|おすすめexcite, 今回は宮部みゆき作品について詳しくご紹介しました。宮部みゆきは幅広いジャンルと、思いもよらないストーリー展開が特徴の稀有な作家です。彼女にしか書けない独特の世界観は多くのファンを魅了して止みません。宮部みゆき作品未読という方は今回の記事を参考に気になる作品を手に取ってみてください。きっと世界観に魅了されることでしょう。.

軍 階級 年齢, 自衛隊 死亡 手当, ミュゼ 定期購入 やめたい, ひるね姫 動画 フル 無料, 東映フライヤーズ 暴れん 坊, 麺 屋 武蔵 船橋, フォンダンショコラ 生クリーム なし, しゃぶしゃぶ 出汁 ほんだし, 自己紹介 趣味 一覧, ミニ 四 駆 コース 手作り, 自然 保護 名言,

新着記事

太陽光アンバサダーご紹介

カテゴリー

●太陽光アンバサダー募集中!

team@solar-ambassador.com